大阪からのバンド「ヤバイTシャツ屋さん」ーインタビュー(2)

ヤバイTシャツ屋さん3
L→R:森本(Dr)、小山(G)、柴田(Ba)

ヤバイTシャツ屋さんofficial site:http://yabaitshirtsyasan.wix.com/official

中文版

「天才だ!」ってピエール中野さんに褒められた

ーなるほど!ちなみに、この前にピエール中野さんと対盤したことありましたか。

小山:対盤することはまだありませんね。この間僕がお会いが出来て挨拶したんですけど、ライブはまだです。

ーでも7月に対盤はありますよね。

小山:7月、ピエールフェス。

ーどんな方だと思いますか?

小山:酔っ払ってましたね。楽しそうにしてました。ずっと。なんか「天才だね!」って言われた。

森本:体が大きいのもびっくりしました。あとYOSHIKIがリスペクトしてます。俺も好きだから。すごい体が大きくて、びっくりした。

ー台湾でピエール中野さんにインタビューする時、YOSHIKIさんについて話して、「手の大きさがYOSHIKIさんと同じ!」って教えてくれましたよ。

森本:好きなんですよね。

 

対盤したいバンド・アーティスト

ー他好きなドラマーがいらっしゃいますか。

森本:Travis Landon Barker、Blink-182のドラマーです。ドラマーとして好きなんですけど、バンド聞かないです。

ーじゃ、どうやってこのドラマーのことが知りますか?

森本:ドラマーさきに入ったので。

ーなるほど。他何か対盤したいバンドやアーティストがいらっしゃいますか。

小山:10-FEETですかね!

ーそろそろ同じフェスに出ますよね。

小山:イベンドでは同じなんですけど、ステージは同じではないですよね。同じステージでやりたいですよね。

ーそんなに好きですね。

小山:好きですね。

ー他は?

柴田:モーニング娘ですね。

小山:むずいかな、それ!

森本:ゴールデンボンバー!結構好きです。

柴田:結構言ってるよね!

小山:別にリアリティーを戻れて。

ーでももし本当に対盤ができたら、きっと面白いと思います!

森本:面白いとは思いますね!面白さが負けてるかなー。他は?

小山:でも、一回キューソネコカミとtwo manしてみたいなー。

 


打首獄門同好会との出会い

ー最近も打首獄門同好会とtwo manやりますよね?

小山:ああ、打首も好きですね!めちゃ好きです!two man、東京でやるんですけど、150人しか入らないんで。まだやりたい。

柴田:大きいところでやりたい。

森本:大阪で、ね!来てくれる?って。僕ら、彼らのライブに出る、15時間の車で、岩手なんです。来てくれたから今度行ってくれたんで、大阪で誘いたいです。

小山:する?

森本:やようぞ!初企画!

小山:東京で500人くらいのところにやりたい。

柴田:東京でやりたい!

ーやってください!機会絶対があると思います!て、どうやって打首獄門同好会とつながりができましたか。

小山:twitter、まずtwitterで。

柴田:一緒のイベントやる前に名前がtwitterで書いてあるのか。

小山:twitterでやりとりまずしてて、知ってくれて、て、直接ライブが一緒、同じイベントの時に資料出しまして、CD聞いてくれた。<ネコ飼いたい>気に入れてくれて、ライブ呼んでくれたって感じなんです。<ネコ飼いたい>はきっかけです。

ー東京で演出したことがありますよね。

小山:あります。

ー東京と大阪、お客さんの反応が違いますか。

小山:東京のほうがやりやすいです。東京の人は完全に僕らをハードロックバンドと思ってみにきてくれたんです。だからその盛り上がり方がすごい激しくて、ぐちゃぐちゃになりますけど。関西は結構、みんなおとなしくて、、、

柴田:盛り上がりの差。

小山:差があって。自由に楽しんでもらいたいですけど、やっぱり土地によって盛り上がりの方が違いますね。

楽しく音楽をやりたい!

ーバンド将来の目標はなんですか?

小山:今のやり方で長く続けられるのほうが一番いいかな。あんまりみんなそこまで無理をしないように楽しく活動。

ーいまは他の仕事がありますか。

小山:みんな仕事そろぞれちゃんとやって、やりながらバンドします。バンド一本になってしまったら、多分スタンスが変わってしますから、それはやめようと思ってて。やっぱり….

柴田:楽しいままで。

森本:サークルの延長戦くらいの感じ。て、楽しさを失わないようにします。

ー今度新作を出ますよね?大体どんなスタイルですか?

小山:同じです。ちょっとカッコよくしたいなっていう。3枚目のシングルになって、ちょっとこういういじめもあるだぞっていう、かっこいいだぞ!っていう、出して。て、またアルバムはその後したいな。

ー4月の時はなかなか活動してなかったですよね。

小山:はい、ライブ0本!

ー作曲とかやりましたか。

小山:いや、なんか、それなりにやりましたよ。別に作曲為に休んだわけではなくて、いっかいちょっとリセットしたいと思って、一回ちょっとお休みしました。

森本:春休みでした(笑)。

ー8月にもワンマンを行いますよね。どんなライブをやりたいですか。

小山:普通にただライブだけはしたくないんですよ。なんか、ちょっと変わったことをしてみたいな。特別なライブをしたいですね。

ーライブでやることがあるけどまだ音源に収録されてない曲も何曲ありますね

小山:けっこうありますね。

ーアルバムに入れますか?

小山:アルバムに入れます。CDにしてない曲は。

ーちなみに、アルバムはいつリリースする予定ですか。

小山:たぶん…今年中。

柴田:2016年(笑)!

ーはい!楽しみにしてます!あと、最近は台湾の人がアニメを通して日本バンドに触れ始まることが多いです。コラボしたいアニメとかはありますか。

小山:あ、できるならやりたいですね。アニソンやりたいなー。

ーちなみに、好きなアニメはありますか。

小山:昨日クレヨンしんちゃんみてたんで。クレヨンしんちゃんやりたい。何かある?

柴田:カードキャプターさくら!

森本:ONE PIECE!

小山:ONE PIECEはsonyじゃない?入らないと無理や(笑)!

ー最後、MeMeOn Musicの読者に一言お願いします。

柴田:いつか台湾でできるように頑張ります。

森本:シンプルに旅行でもいきたいですね。台湾!台湾へ旅行に行きたい!

柴田:ご飯!ご飯食べたい!(笑)

 

文:MeMeOn Music

写真:MeMeOn Music

関連文章:大阪からのバンド「ヤバイTシャツ屋さん」ーインタビュー(1)

發表迴響

%d 位部落客按了讚: