【MeMeOn インタビュー】  坂本龍一 忘れられない布農族の音  コロナ禍における音楽のあり方を考える

2020年、世界中はコロナで大きく変わった。音楽業界もすごい衝撃を受けた。2020年末、 坂本龍一 が12月12日に2020年最後のピアノコンサート「Ryuichi Sakamoto: Playing the Piano 12122020」をオンラインで開催すると発表。メディアアートクリエイター真鍋大度が率いるRhizomatiksと提携し、業界最高レベルの音質を実現する配信サービス「MUSIC/SLASH」にてオンラインで行われる。

また、この特別な2020年を記憶に残したいという思いで、『Ryuichi Sakamoto | Art Box Project 2020』が始動する。この想いを体現したコンプリートアートボックス『2020S』もリリース決定。デザイナー緒方慎一郎、陶芸家岡晋吾とコラボして誕生した「記憶の断片」を象徴する陶器の断片もアートボックスに同封される。これは陶芸家岡晋吾が作った陶器をアメリカにある坂本の自宅へ輸送し、そこで坂本が自ら絵付け、割り、そして割った音を採取し、新曲に収録された。割って土に還するのは「壊すことから始まる」、「人は自然の一部である」という思いに呼応する。同時に、この一年間の記憶は音楽を通して、陶器の断片を通して、残すことができるようになった。

今回、坂本龍一様にインタビューすることができて、大変光栄だと思います。コロナ後の音楽活動に対する考え、《2020S》や2020年最後のオンラインピアノコンサート、そして台湾に関する思い出についてお話をいただきました!

 中文版

Read more

【獨家專訪】 坂本龍一 難忘布農族美聲 談疫情下的音樂反思

2020年,全世界受到新冠肺炎巨大的衝擊,包括音樂產業也受到很大的影響。在2020年的尾聲, 坂本龍一 宣布將於12月12日舉行2020年最後一場鋼琴演奏直播「Ryuichi Sakamoto: Playing the Piano 12122020」,與新媒體藝術家真鍋大度率領的Rhizomatiks合作,透過業界史上最高等級音質直播平台「MUSIC/SLASH」進行。

此外,為了將這特別的一年留下記憶,他也推出『Ryuichi Sakamoto | Art Box Project 2020』計畫,推出藝術禮盒《2020S》。由緒方慎一郎擔任設計、與陶藝家岡晋吾合作,禮盒中封存了象徵「記憶的碎片」的陶器碎片。這碎片是陶藝家岡晋吾將做好的陶器寄給在美國的坂本龍一,由坂本龍一親手上色、打碎並將那碎裂的聲音收錄於《2020S》新曲之中。陶器碎裂回歸塵土,正呼應著這一年坂本龍一對於「破壞後的再生」以及「人終究是自然的一部分」之反思;同時也巧妙地將這一年的記憶透過音樂、透過實體的陶器碎片化為形體留存下來。

這回迷迷音非常榮幸能邀請到坂本龍一先生來和我們談談疫情後對於音樂的想法、關於《2020S》和2020年最後一場直播演出、以及台灣的回憶。

日本語インタビュー

Read more

坂本龍一 宣布與 Rhizomatiks 攜手舉辦2020年最後一場線上音樂會!

受到疫情影響,許多音樂人轉向線上直播演出,不過 坂本龍一 早在日本發佈緊急事態宣言之前的4月2日就已經搶先進行了線上的音樂會直播,希望通過音樂多少能讓大家從這樣的緊張中解放出來。這樣的坂本,將在12月12日以與平常的個人鋼琴演奏會不同的風格,從東京都內的演播室為大家進行最新線上直播「Ryuichi Sakamoto: Playing the Piano 12122020」。

Read more