絶望系アニソンシンガー ReoNa インタビュー  「《SAO》との出会いがなければ今のReoNaはいない!」

心の琴線に触れる歌声や歌詞はあるでしょうか。自分の気持ちがまさか歌われたような曲を聞いたことがあるでしょうか。もし《ソードアート・オンライン》という2012年からヒットしているアニメを知ってるなら、「絶望系アニソンシンガー」として知られる新星「 ReoNa 」も見逃せない!

2017年、ソニーミュージックジャパン主催のオーディション「SACRA MUSIC AUDITION 2017 SPRING ~VOCAL~」でファイナリストに選ばれ、所属アーティストになった。2018年4月より、TVアニメ《ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンラン》にて、劇中歌アーティスト「神崎エルザ」の歌唱を担当。繊細で力強い歌声が多くのアニメファンの注目を集めた。同年8月、シングル《SWEET HURT》でデビューし、その後も何度か《ソードアート・オンライン》シリーズの主題歌を担当し、好評を博している。《Pilgrim》、《ANIMA》などの曲も日本のオリコンチャートでトップを獲得した。絶望している人の代弁者として歌いたいとテレビ番組で言っていた彼が、今でも自分の歌声で人に感動させている。

今回、台湾のファンに向けて、デビュー2年目の感想や自分にとって《ソードアート・オンライン》の意味、そして台湾に対する印象を語ってもらった。 また、最近TVアニメ《七つの大罪》のEDも担当。 彼女がどんな魅力を持っているのか?今回のインタビューを通して、見つけ出しましょう。 もしかしたら、彼女の深い感情表現の中から、自分の心に響くメロディが見つけられるかもしれないでしょう。

中文版

Read more

BALLISTIK BOYZ 《Animal》リリース記念インタビュー 台湾に旅行できればやりたいのは?

BALLISTIK BOYZ from EXILE TRIBE が2月3日にニューシングル《Animal》をリリース。 Lady GagaKaty PerryCarly Rae Jepsen などの楽曲に参加したことで知られる DJ /プロデューサーの Cory Enemy がプロデュースしたリード曲Animalは、ミニマルなビートに7人のVocalとRapが幾重にも掛け合う、R&Bラブソング。カップリング曲〈HIGHWAY〉では、海沼流星、奥田力也、松井利樹3人が作詞に挑戦。3rd Single《Animal》のリリースを記念して、BALLISTIK BOYZにインタビューさせていただいた。

中文版

Read more

【MeMeOn インタビュー】大ヒット中の高生シンガー Ado バレンタインの理想の過ごし方とは?

昨年 10 月 23 日にメジャーデビューを果たした 18 歳のシンガー、 Ado 。メジャーデビュー曲〈うっせぇわ〉がさまざまな音楽チャートを席巻し、大きな話題になっている。そういった Ado が 2021 年第 1 作目の楽曲〈ギラギラ〉を 2 月 14 日にリリース。新作を機に、インタビューをさせていただいた。

中文版

Read more

【MeMeOn インタビュー】〈p.h.〉で Spotify バイラルトップ50(日本)にランクイン 注目されてる歌い手「 水槽 」

この冬、Spotifyの「バイラルトップ50(日本)」に現れた「 水槽 」の〈p.h.〉(SEVENTHLINKS cover)。 YouTube でも再生数 3,500,000 回を超え、何回も聴いてしまう中毒性があると思われる曲。とはいえ、「 水槽 」について、公開された情報がまだ少ない。どういうシンガーなんだろうと思いながら、1st コンセプトアルバム《首都雑踏》のリリースを機に、水槽さんに独占インタビューを敢行した。

中文版

Read more

雨のパレード 《Face to Face》インタビュー  クリスマスの理想の過ごし方は?

雨のパレード 、異例となる今年2枚目のニュー・アルバム《Face to Face》が台湾でもリリース!今年1月、蔦谷好位置を共同プロデュースに迎えた4thアルバム《BORDERLESS》を発表後、新型コロナウイルス感染拡大の影響により全国ツアーが中止になった。でも、彼らはそこに止めるわけではない。リスナーに直接音楽を届けることができなくなった今、自分たちに何ができるかを考えた答えとして、今年2枚目のニュー・アルバムを作り上げた。今回は2020年を象徴する今作への思いを、福永浩平(Vo)、山﨑康介(Gt)、大澤実音穂(Dr)メンバー3人に訊いた。

Read more

元 Kalafina 、 KEIKO のソロ1stアルバム インタビュー  大切な台湾のみんなへ暖かいメッセージを!

Kalafina 、 KEIKO のソロ1stアルバム《Lanatana》が12月2日に発売された。梶浦由記が曲を書き下ろし、KEIKOが歌詞を書いた〈七色のフィナーレ〉などの曲が収録された。KEIKOを迎え、今作に対する思いや台湾に関する思い出について語っていただきました。

中文版

Read more

NiziU デビュー インタビュー  「WithUの皆さんに早くお会いしたい!」(動画あり)

ソニーミュージック×JYPの合同オーディション・プロジェクト「Nizi Project」から誕生した NiziU 。MAKO、RIO、MAYA、RIKU、AYAKA、MAYUKA、RIMA、MIIHI、NINAで組んだ9人組グループ「 NiziU 」。2020年12月2日に《Step and a step》でデビュー。デビューする際、インタビュー させていただいた!

中文版

Read more

majiko 《世界一幸せなひとりぼっち》リリース インタビュー 「台湾みんなの笑顔が忘れられない!」

2019年12月初の台湾公演を行なったシンガーソングライターの majiko がセカンドフルアルバム《世界一幸せなひとりぼっち》をリリースした。「別れ」をテーマに、すべての楽曲の作詞・作曲をmajiko本人が手掛けた作品。亀田誠治をプロデューサーに迎えたタイトル曲〈世界一幸せなひとりぼっち〉や、配信シングルとしてリリースされた〈一応私も泣いた〉、〈エンジェルナンバー〉、……など全11曲を収録。《世界一幸せなひとりぼっち》の台湾版CDが発売される際、majikoさんにお話を伺わせていただいた!

中文版

Read more

【MeMeOn インタビュー】  坂本龍一 忘れられない布農族の音  コロナ禍における音楽のあり方を考える

2020年、世界中はコロナで大きく変わった。音楽業界もすごい衝撃を受けた。2020年末、 坂本龍一 が12月12日に2020年最後のピアノコンサート「Ryuichi Sakamoto: Playing the Piano 12122020」をオンラインで開催すると発表。メディアアートクリエイター真鍋大度が率いるRhizomatiksと提携し、業界最高レベルの音質を実現する配信サービス「MUSIC/SLASH」にてオンラインで行われる。

また、この特別な2020年を記憶に残したいという思いで、『Ryuichi Sakamoto | Art Box Project 2020』が始動する。この想いを体現したコンプリートアートボックス『2020S』もリリース決定。デザイナー緒方慎一郎、陶芸家岡晋吾とコラボして誕生した「記憶の断片」を象徴する陶器の断片もアートボックスに同封される。これは陶芸家岡晋吾が作った陶器をアメリカにある坂本の自宅へ輸送し、そこで坂本が自ら絵付け、割り、そして割った音を採取し、新曲に収録された。割って土に還するのは「壊すことから始まる」、「人は自然の一部である」という思いに呼応する。同時に、この一年間の記憶は音楽を通して、陶器の断片を通して、残すことができるようになった。

今回、坂本龍一様にインタビューすることができて、大変光栄だと思います。コロナ後の音楽活動に対する考え、《2020S》や2020年最後のオンラインピアノコンサート、そして台湾に関する思い出についてお話をいただきました!

 中文版

Read more

和楽器バンド ニューアルバム《TOKYO SINGING》インタビュー (動画あり)

困難や逆境に負けない力、諦めない強さ、そして、何度でも立ち上がる勇気を 和楽器バンド のニューアルバム《TOKYO SINGING》に込めた。アルバムリード曲〈Singin’ for…〉、エイミー・リー(エヴァネッセンス)とのコラボ曲〈Sakura Rising〉など、13曲収録。台湾盤も本日リリースされた。今回はバンドメンバーの蜷川べにと山葵を迎え、お話をいただいた。

中文版

Read more