【MeMeOn インタビュー 】 優里 〈ドライフラワー〉3億回突破 「いつまでも楽しく歌を歌っていきたい!」

Billboard Japan 2021年上半期チャート【HOT 100】と日本2021年カラオケ上半期ランキングが発表され、両方共に 優里 〈ドライフラワー〉が1位に輝いた。 その上、この曲が先月にビルボードジャパンのストリーミングソングチャートで累計3億回を突破。男性ソロアーティスト初&歴代最速となる。また、今年の人気アニメ《SK∞ エスケーエイト》ED〈インフィニティ〉も担当。 新曲〈飛行船〉のリリースを機に、優里さんご本人を迎え、音楽について語っていただいた。

中文版

ー〈桜晴〉にはご両親に対する感謝の気持ちも含まれてます。デビューが決まって、〈ドライフラワー〉は男性ソロ歴代最速でストリーミング累計3億回再生突破になって、ご家族や周りの反応はいかがでしたか?

〈桜晴〉は両親に感謝の気持ちを込めて作った曲なので、父と母が聴いてくれて、とても嬉しかったです。〈ドライフラワー〉の3億回再生は、家族もとても喜んでくれました。僕自身も、たくさんの人に届いているんだな、と嬉しい気持ちです!

(〈ドライフラワー〉配信リンク:YUURI.lnk.to/DryFlower

優里ちゃんねるでご本人による歌い方の解説を見たんですが、どんな気持ちで歌うのか、アクセントはどう表現するのか、一曲一曲すごくこだわりがあると気がします。それが人の胸に打つ理由でしょう。作曲作詞、そして歌唱する時、一番大事にしているのはなんでしょうか。

曲を聴いたときに、目を瞑っていても物語が浮かぶような歌詞を書きたいと思っています。そして、曲に込めた想いやメッセージが、皆さんの心の中までしっかりと届くように歌っています。

ー音楽活動の同時に本気でYouTuberをやって、毎日投稿してみたら、いかがでしょうか。大変なところはなんでしょうか。

毎日欠かさず投稿することによって、少しでも皆さんの心に寄り添えているのかな、思います。

ー「かくれんぼ」 はこどもの遊びの1種となりますが、小さい時はどんな子でしたか。これらのようなこどもの遊びは得意でしょうか。

小さい頃は元気な子供でした。「かくれんぼ」のようにじっとしていなきゃいけない遊びは得意ではなかったです。

ーメジャーデビュー曲〈ピーターパン〉や最近MV出した〈飛行船〉などの曲はリスナーの背中を押してくれて、救われた人がけっこういると思いますが、自分も歌に助けられた経験がありますか。

僕はいつもボン・ジョヴィやクイーンなどの、海外のロックスターの曲をきいて、自分の気持ちをあげていました。

ーTVアニメ《SK∞ エスケーエイト》は台湾でも話題になっています。そのエンディングテーマ〈インフィニティ〉について、今までの曲風とかなり違って、どういうことを意識して作ってましたか?タイアップ曲を作る際、何か難しさを感じることはありますか?

《SK∞ エスケーエイト》のテーマである仲間との友情や絆を歌った曲です。友達とずっと変わらず永遠に友達のままでいたいという気持ちを込めて歌っています。

ー最近ハマっている音楽を教えてください。今後コラボレーヨンしてみたいアーティストはいらっしゃいますでしょうか。

今も昔も変わらずボン・ジョヴィです。

ープライベートで台湾にいらっしゃったことはありますか。台湾に対する印象を教えてください。

行ったことはありませんが、いつか台湾の皆さんに直接僕の歌を届けられる日が来たらいいな、と思います。

ー今後の予定や目標を教えてくださいませんか。

これからも気持ちをこめて、皆さんの色々な感情に寄り添える曲をつくります。そして、ずっと、いつまでも、楽しく歌を歌っていきたいです!

ー最後に台湾の皆さんへメッセージをお願いします。

台湾の皆さん、応援ありがとうございます!これからも僕の曲を聴いてもらえると、とても嬉しいです!

優里 HP:https://www.yuuriweb.com/

優里 Twitter:https://twitter.com/yuuri_official

文:MeMeOn Music / 写真:Sony Music

著作權 © MeMeOn Music 迷迷音。版權所有。未經授權請勿轉載。