【MeMeOn インタビュー】中島美嘉 「歌を歌っていられたら幸せです。」

2016年、デビュー15周年を迎えた中島美嘉さんが初となる台湾ライブを行なった。一曲一曲魂込め、大事に歌ってる美しい姿を見ると、客席では涙を流す人が続出。当時の感動も記憶に新しい。今年、ついに約2年ぶりの台湾公演が決定された。台湾ファンのために、この日だけしか見ることのできない特別に用意される演出もたくさんある予定だ。その前、中島美嘉さんにインタビューさせていただいた。

ー「雪の華」の発売15周年を記念して、15個の企画が実施されてる上、映画「雪の華」も上映することが決定してしまいました。余命を宣告された主人公美雪とガラス工芸家をめざす青年悠輔のラブストーリーですが、もし自分が余命を宣告されたら、残された時間をどうやって過ごしますか。 
今まで通りに過ごせたらいいなと思います。特に、歌を歌っていられたら幸せです。
ー中島美嘉さんが歌う「僕が死のうと思ったのは」に多くのファンが共感を得てます。前回の台湾公演でもすごい泣ちてしまったファンがけっこういるみたいです。 絶望の中で戦ってる人たちにメッセージを御願いしてもいいでしょうか。 
皆さんへのメッセージは、この曲の歌詞に全部詰まっていると思っています。だからこそ、私が歌い続けようと思っています。
ーこの間Instagramにて、黒髪ショートヘアにイメチェンした姿を公開し、熱い反響を呼んでました。今後他やってみたい格好とかありますか? 
実は真っ黒なロングにしたいです。その為に髪をきれいに整えたくて最近短く切りました。
ー中島美嘉さんはいつもかっこよくて、ファンのみんなにまねされてますが、逆に聞きたいのは中島美嘉さんがもしコスプレーとしたら、どんなキャラクターをコスしてみたいですか? 
漫画イノサンのマリージョセフサンソンが大好きです。ファンの方からはジェンダーレスのコスプレ要望が多かったりするので男装にも興味がありますね。
ー中島美嘉さんが猫がすごく好きで、<MY SUGAR CAT>と言う曲もあるし、今回のグッズも猫のイラストを使います。猫さんと暮らしてきて、一番記憶に残るエピソードを教えてください。 自分と猫さんで似ているところはありますか? 
大人数の中にいると一人になりたくなる時があり、一人になると寂しくなる。私はネコ科かもしれません(笑)
ーMeMeOn Musicの読者にメッセージ御願いいたします。
2度目の台湾公演を行えることをとても嬉しく思います。会場でお会いできることを今から楽しみにしています。

著作權 © MeMeOn Music 迷迷音。版權所有。未經授權請勿轉載。

加入迷迷音粉絲團最新資訊不漏接  https://www.facebook.com/memeonmusic/

文:MeMeOn Music / 寫眞提供:BIG ART