【MeMeOn インタビュー】 音の旅crew 、アルバム《JOYSTEP》完成 「音楽聞きながら旅にでよう。その先で出会える事を祈って!」

様々な音の可能性を最大限に引き出し、際限なくミックスさせた楽曲性、演奏力の高さが各方面より大きな反響を呼び続ける「 音の旅crew 」が、7月18日にニュー・アルバム《JOYSTEP》をリリース。今回は「 音の旅crew 」のメンバーを迎え、ニュー・アルバムについてお話をいただいた。

中文版

ー<my pace space my place>のMVは面白いと思いますが、撮影する時何かエピソードはないでしょうか?

音の旅crew :原始人の格好で撮影してた時のことですが、撮影してた場所が意外と人が通る場所で、通る人みんなに不思議な目で見られてたのが恥ずかしかったですね。

ーニューアルバム《JOYSTEP》の中、メンバーそれぞれ一番好きな曲を薦めください。

pepe : MDNTEXPS。

GURO : NEVER TOO LATE。

大樹:Rebel soul dance。

チャック:I’m home。

ー<OWATTEHAJIMARU>は廃盤になってるミニアルバムに収録されていた曲をリアレンジして収録したようです。この時点にリアレンジする理由を教えて下さい。

音の旅crew :この曲はCDが廃盤になった後も、ライブでは演奏していまして、その度にアレンジがちょっとづつ変わってきまして、廃盤になってもこの曲は大事な曲なので、いつかは録りたいとメンバーとも話してまして、このタイミングで改めてレコーディングしました。

ーニューアルバム《JOYSTEP》の歌詞はけっこう前向きな感じですが、逆に聞きたいのは、「落ち込み」を感じる時、どうやって乗り切っていますか?

音の旅crew :落ち込んじゃう時は誰にでも、どんな時もあると思うんですが、それはそれで大事な感情だと思うのでしっかりと落ち込んでます。その中で気づく事もあると思うので、落ち込みながら曲作ってます。前向きな歌詞は結局の所そういった時に自分に向かって歌っているような気がします。どうしようもないときは、海、山、自然のある場所でリフレッシュが一番好きですね。

ーバンド名に「旅」という単字が入れてるし、歌詞にも旅行途中にみた風景のようなイメージが多いです。旅行として一番行っててみたいところはなんでしょうか?

音の旅crew :定番ですが、ピラミッドとかサクラダファミリアとか日本じゃ見れないような景色がみたいですね。台湾も早く遊び行きたいです。

ー最近フェスに関する情報がどんどん解禁されてきました。お客さんとしてみると、メンバーそれぞれ一番好きなフェスってどのフェスですか?理由を教えて下さい。

pepe:FUJI ROCK FESTIVAL。連続して味わえる音楽的、空間的感動が詰まってますね。

GURO:FUJI ROCK FESTIVAL。全ステージハイクオリティだから。

大樹:朝霧JAM。大自然の中でキャンプしながらのフェス最高。

チャック:DO IT。DIYの素晴らしさが凝縮されているから。

ーいま音楽を志して頑張っている方や、夢を持っている方々に対して、アドバイスを御願いいたします。

音の旅crew :アドバイスできる立場じゃないので、一緒に夢を叶える為にがんばりましょう!

ーMeMeOn Musicの読者にメッセージをお願いいたします。

音の旅crew :音楽聞きながら旅にでよう。その先で出会える事を祈って!enjoy!!!!

音の旅crew

 

文:迷迷音

写真提供: 有限会社ムーンシャイン

發表迴響

你的電子郵件位址並不會被公開。 必要欄位標記為 *