South Penguin

INTERVIEW / South Penguin 引き算で創作 時代や地域を超えて愛されるものを作りたい

2014年に東京で結成された South Penguin は、ギターボーカルのアカツカ(akatsuka)を中心に、稲葉航大(Ba.)、礒部拓見(Dr.)、石崎元弥(Per)、 宮田泰輔(Gt.)、ニカホヨシオ(Key.)などのサポートメンバーと一緒に組んだ。 独特な雰囲気とリズム感で、競争の激しい東京で徐々に頭角を現し、2016年と2021年FUJI ROCKのステージに2回も出演。今回台湾で開催される2023 Neon Oasis Music Festivalに出演することで、インタビューをさせていただいた。

中文版

ー以前 Wake Up  Festivalで台湾を訪れ、THE WALLやRevolverにも出演されていたことがありますが、台湾の印象はいかがでしょうか? 今回、台湾で体験したいことは何ですか?

台湾の街、人、音楽、全てが大好きで、毎回楽しみにしています。今回の滞在では、台湾シャンプーとマッサージを体験したいです!食事もとても楽しみです。

ーNeon Oasis  Festivalで台湾に来られますが、今回のラインバップで特に気になるバンドはありますか?

昨年のフジロックに出演していたElephant Gymのライブを配信で見て圧倒されました。非常に好きなバンドです。

ー日本でのインタビューで、キラキラした素直な感動のドラマみたいな「箱根駅伝」に興味があると言いましたが、日本では箱根駅伝が終わったばかりですが、見ましたか。 現実の競技とは別に、このようなスポーツ漫画もご覧になるのですか?

もちろん今年の箱根駅伝も全て見届けました。毎年のことですが、今回もドラマチックなシーンの連続で、涙が枯れ果てました。すべての選手にありがとうと伝えたいです!

ーニューアルバム「R」と前作「Y」のタイトルは、どちらもアルファベットでシンプルに表現されていますが、前作は「美」がテーマで、今作はメンバーの赤塚さんの「R」で表現されていますね。この作品の構想についてお聞かせください。

我々は演奏するメンバーの人数こそ多いですが、バンドアンサンブルとしてはシンプルなものが多いです。基本的に引き算で作品を作っているので、歌詞や作品のタイトルについても、出来るだけ削ぎ落としたいという気持ちが強いです。アルファベット1文字のシンプルなアルバムタイトルにも、それが現れている気がします。

ーコロナの影響は多くの人の生き方や考え方を変え、特に日本の音楽業界では、デジタル配信やライブストリーミングの普及が加速しています。South Penguinさんの創作にも影響を与えているのでしょうか。

我々の活動のスタイルはコロナ 以前と以降で大きく変化してはいないので、直接的な影響はあまりないかもしれません。もちろん生活に影響は出ましたが、自分の作品作りにおいては、それほど音自体に影響を与えるものではなかった気がします。

ー台湾のファンにおすすめの曲があるとしたら、どの曲ですか?

Dos Monosとコラボした「gadja」という曲は今までにないスタイルの曲なので、自分では気に入っています。是非台湾の皆さんにも聞いて欲しいですね。

ー音楽活動を始めたきっかけについてお聞かせください。

ZAZEN BOYSという日本のバンドが大好きで、中学生の時に当時のベーシストだった吉田一郎さんに憧れてベースを購入しました。そこからZAZEN BOYSのベースのコピーなどをするようになり、バンドへの憧れが大きくなりました。South Penguinではギターボーカルを担当していますが、今でもベースが自分の礎にあります。

ー最近好きな音楽はありますか?

最近はLittle Simzをよく聞いています。大好きなアーティストです。

ー日本のメディアのインタビューで、テレビにたくさん出たいとおっしゃっていましたね。South Penguinの音楽が、日本よりも海外で広く受け入れられているようです。 この状況について、どのようにお考えですか?また、「ポップス」についてはどう考えますでしょうか。ビジネスとのバランスをどう取りますか。

もちろん、日本で広く受け入れられることは大きな目標のひとつですが、海外の方にフラットな耳で作品を聞いていただけることは非常に嬉しいことです。お声がかかれば、世界各地に演奏しに行きたいと思っています。海外での活動が拡大すればするほど、自国での評価にもつながると思っています。

自分の考える「ポップス」は普遍的なものです。その時代の空気を反映した作品でありながらも、時代や地域を超えて愛されるものを作りたいと考えています。消費のスピードが非常に早い現代ですが、インスタントな作品はなるべく作りたくありません。かといって、マニアック過ぎる作品も自分は作ろうと思いません。そこの絶妙なラインを見定めるのが、我々の作品作りだと思っています。

ー台湾のファンに一言お願いします。

3年ぶりに大好きな台湾でライブができること、本当に嬉しく思っています。皆さんにお会いできるのを楽しみにしています!一緒に遊びましょう!

写真:Neon Oasis Music Festival

文:MeMeOn Music 迷迷音
著作權 © MeMeOn Music 迷迷音。版權所有。未經授權請勿轉載。
加入迷迷音FB粉絲專頁推特IGPlurk最新資訊不漏接 

你的拍手是我們的動力

還喜歡迷迷音的文章嗎?如果覺得迷編的文字為你記下了演唱會的感動、如果覺得看了訪問可以多了解一點喜歡偶像的創作想法和可愛小地方、如果覺得參戰教學文可以多少有點幫助,請幫忙按下面的拍手圖示,只要登入連結Google或是FB帳號,就可以【免費支持】迷迷音。

贊助一杯咖啡

網站的維持比想像中還要不容易,每篇採訪從搜集資料、聯繫、訪問、逐字稿、翻譯、拍攝、審稿,基本上都是迷編從頭到尾完成,主機、圖床、相機設備等等的支出也比想像中龐大,目前迷迷音收支離打平還有很大的距離,如果覺得迷迷音的文章多少對你有些幫助,還請幫忙按下面「Buy Me A Coffee」圖示、給予贊助讓迷迷音可以努力持續生存下去!

送我們一杯咖啡

其他人也迷

你可能也喜歡

最新消息

線上日文
線上學 日文
線上日文

迷迷動漫

迷迷影劇

日劇、電影、娛樂圈大小事
英文補習
網上學 英文
英文補習

迷迷專訪

迷編為你貼身訪問台灣與日本音樂人、聲優、第一手情報

迷迷好音推薦

吃貨迷編日記

FB粉絲團

在 Twitter 上追蹤迷迷音

在 Twitter 上追蹤我

加入迷迷音樂社群

訂閱迷迷音電子信

適用電子郵件訂閱網站

輸入你的電子郵件地址訂閱網站的新文章,使用電子郵件接收新通知。