【MeMeOnインタビュー】 Sano ibuki 「自分の曲がスクリーンから流れてくることに毎度、異次元な気持ちになる!」

日本のシンガーソングライター Sano ibuki が七月に2ndアルバム《BREATH》をリリース。ドラマ《ソロ活女子のススメ》主題歌〈Genius〉、映画《滑走路》主題歌〈紙飛行機〉、映画《ぼくらの7日間戦争》主題歌〈おまじない〉、〈スピリット(BREATH ver.)〉などが収録される。 今回はSano ibukiさんをお招きして、アルバムについて語っていただきました。

中文版

ー1stアルバム《STORY TELLER》、EP《SYMBOL》は、Sanoさんが作った空想上の物語を元に制作されましたが、今回の《BREATH》は異なる形で作られたそうです。今回の作品について、お話を聞かせていただけないでしょうか?

《BREATH》はこの二作に比べて、自分の個人的な想いだったり、記憶だったりを具現化した作品が多いです。勿論、完全なるノンフィクションではないんですけど、前述の2作は初めからフィクションじゃないといけない!といったルールを決めて作っていたので、今作はそこのルールをとっぱらったような形になります。

ー今回のアルバムは島田昌典、トオミヨウ、須藤優(XIIX)、TENDRE、河野圭、江口亮(la la larks)らがプロデュースし、伊澤一葉(東京事変、the HIATUS)が演奏者としてコラボ参加した。その中で、何か印象に残っていることがあれば教えてください。

どの瞬間も刺激的で、楽しい時間でした。僕は一人でこもって曲を作ることが多いので、アレンジをお願いしたのちに帰ってくるデモがいつも楽しみで仕方がなかったです。

ーイラストレーターのfujii mihoさんとコラボした〈Genius〉は印象に残りましたが、コラボのきっかけや発想を教えてください。 Sanoさんが注目しているイラストレーターやアーティストは他にもいますか?

クリエイティブディレクターの明円さんの案でした。〈Genius〉は自分の楽曲の中でも異彩を放っている曲でもあったので、このpopさをイラストで表現できる方はいないかなという相談の末に、巡り会えました。沢山いらっしゃるので、絞りきれないのですが、特に最近は「ゆのさん」「ヤスタツさん」というイラストレーターさんが気になっています。

ー今回のアルバムジャケットの椅子を自ら描いたり、〈pinky swear〉のMVを自身で監督したりしましたが、今後、他にどのような媒材や創作に挑戦し、自分を表現していきたいですか?

必要であれば、といった感じですね。自分で全てを表現して創作してしまう世界に憧れはないので、色々な掛け算を楽しみたいですね。

ー2nd《BREATH》には、ドラマやアニメの主題歌が多数収録されていますが、ご覧になったことはありますか? その中で、印象に残っていたり、特に気に入っていたりする作品はありますか?

全て、拝見していますし、気に入っています。自分の曲がテレビから、スクリーンから流れてくることに毎度、異次元な気持ちになりますね。

ー〈紙飛行機〉は映画のために書き下ろされたものですが、曲を作った時どんなことを考えていましたか?? リスナーや視聴者に伝えたい思いはありますでしょうか?

この楽曲は「悔しさ」をテーマに制作し、紙飛行機を飛ばすことを、誰かを見送るに重ねていました。思い思いの世界をこの曲で広げてもらえれば嬉しいです。

ーSanoさんはアニメや映画が好きだとおっしゃいましたが、最近の作品でおすすめしたいものはありますか?

《ウマ娘 プリティーダービー》ですね。いい作品です。ゲームもプレイしているんですけど、アニメ2期が素晴らしく、どっぷりとハマっています。

ーSano ibukiさんが演奏や制作する時、主にギターを使っていますが、使い慣れいるギターはありますか?なぜ一番愛用していますでしょうか?

アコースティックギターですね。でも曲を作る時は楽器を持たないことが多いので、一番使い慣れてる楽器は喉ですかね。

ーギター以外で、今後新たに習得したい楽器や、音楽以外の特技があれば教えてください。

元々ベースをやっていた事もあるので、ちゃんと勉強したいなとはずっと思っています。

ー新世代のシンガーソングライターとして、成長期に一番影響を受けたアーティストは誰ですか?どのような影響を受けましたか?

影響を受けたアーティストさんは沢山いて、絞るのが難しいですね。でも自分は多感な学生時代、ゲームやアニメなどのサウンドトラックを聴いて、過ごしていたので、「物語を作り、その世界になっている曲を作る」という作り方は、その影響が大きいと思います。

ー最近音楽ストリーミングで注目している歌手やアーティストはいますか?

最近でいえば、pontiac pumaをよく聴いています。

ー台湾の若者に歌をプレゼントをするなら、自分の曲の中からどれを選びますか?

〈ムーンレイカー〉ですかね。ひとりぼっちを唄った歌なんですけど、何も上手くいかない、遣る瀬無い、でも日々は進む、そんな悶々としたときにこの曲がそばにいたら少しだけ前を向く手助けが出来る気がします。

ー最近の生活の中で、驚いたことや面白かったことを聞かせてください。

ゴリラ(ニシローランドゴリラ)の学名がゴリラゴリラゴリラ(Gorilla Gorilla Gorilla)と聞いて、名前の主張が激しいなと驚きました。

ーコロナ禍の中で、頭を緩めるために、何をしていましたか?

寝ることですかね。アロマを買ったり、枕を買えたりして睡眠の質を上げていました。

ーSanoさんのインスタグラムには、プロ級写真がいっぱい投稿しています。写真撮影はお好きですか?好きな撮影ジャンルは何でしょうか?写真を撮り始めたきっかけは何ですか? 愛用しているもの、あるいは買ってみたいカメラやレンズなどはありますか?

ありがとうございます。(写真を撮ることは)好きですね。自分の心が震えた瞬間にシャッターが切れるように気をつけているつもりではあります。iPhoneで撮っています。ふと瞬間を捉えたい時に一番小型で便利なカメラってなんだろうと考えていたら、もう手に持ってました。

ーお気に入りのファッションブランドやデザイナーはありますか?最近一番お気に入りのファッショングッズを教えていただけますでしょうか。

なかなか買えませんが、jil SanderとMaison Martin Margielaが好きです。ジル・サンダー氏もマルタン・マルジェラ氏も勿論好きです。ジョン・ガリアーノ氏も好きなので、コレクション等良く見ています。RAF SIMONS、Stella McCartney、CELINE HOMMEも好きですし、後はもう撤退してしまいましたが、MARITHE + FRANCOIS GIRBAUDは昔から好きです。台湾のブランドで言えばCHLOE CHENはレディースですが、気になっています。

ー去年から多くのLIVEが中止されましたが、2021年下半期に予定されている演出などはありますか

色々考えてはいますが、世の中のことがあるのでなんとも言えません。そばに行けない代わりにそばにいられる曲達を作ったので、末永く隣に置いておいてもらえると嬉しいですね。

ー台湾に対する印象を教えてください。

ずっと行ってみたい場所ではあります。特に平渓天燈祭を見てみたいですね。こんなご時世でなければ、もうお邪魔していたんじゃないかなと思います。

ーコロナが世界中に広がっている中、最後に台湾のファンにエールを送ってください。

初めまして、Sano ibukiです。いつも曲を聴いてくださり、ありがとうございます。色々なものを乗り越えた先、そのときは会いに行きます。是非、遊びに来てください。

《BREATH》配信リンク:https://lnk.to/si_breath

文:MeMeOn Music / 写真:ユニバーサルミュジック

Special Thanks:ATC Taiwan、KEEDAN、Onippon、YSO Life

著作權 © MeMeOn Music 迷迷音。版權所有。未經授權請勿轉載。