【MeMeOn インタビュー】PAELLAS 台湾公演直前インタビュー

去年の「日曜live」を引き続き、 PAELLAS がニューアルバム《sequential souls》を持ち、台湾公演を開催。公演前、ボーカルのMATTONを迎え、新作についてお話をいただいた。

中文版

ー《sequential souls》リリースツアーを日本全国回ってきて、演奏するたびに、このアルバムに関する新しい発見がないでしょうか。

新しいアルバムの曲達が成長していくのがわかる。例えば思春期から大人になっていくような。

 

ー歌詞について、英語から日本語に変化してきましたが、その理由を教えて下しませんか。

自分の話す言葉で書きたくなった。日本語の曖昧な美しさをフレーズにしたいと思うようになった。

 

ー収録曲<Horizon>のMVは全編上海にて撮影されましたが、撮影する時、何か面白いや大変なエピソードはないんでしょうか。

急速すぎる発展を遂げた場所と、そのまま取り残されたようで、でもそれを感じさせない自然体な人々が暮らす場所が、隣り合わせの街を歩くのは刺激的だった。

 

ー去年に引き続き、今回も台湾のアーティストと共演することができました。今後コラボレーションしたいアーティストは特にいますか?また、一緒に仕事したい台湾人はいますでしょうか。

友人でもあるフォトグラファーYung Hua Chenとはいつかなにか仕事ができれば嬉しい。

 

ー台湾に対する印象を教えてください。

暑くて、若い人は文化への感度や語学力なども高くて、食事が美味しい。

 

ー最近、どんな音楽を聴いていますか。おすすめのはありますか。

・the rolling stones

・fat white familyの新作

・thom yorkeの新作

・サカナクションの新作

・『wildlife』のサウンドトラック

・もうすぐリリースする自分のバンドPEARL CENTER

 

ー最近生活で面白いエピソードがありましたら、ぜひ教えて下さい。逆に、悲しいこともしありましたらも是非教えて御願いします。

5キロ太って、9キロ痩せた。

 

ー今回台湾にいらっしゃって、何か体験したいことはないでしょうか?

時間があれば、特に何も見ず調べずに、宿の近くの街でも歩いて見たい。

 

ーMeMeOn Musicの読者にメッセージをお願いします。

気にかけてくれてありがとう。作品を楽しんで、ライブで会おう。

 

PAELLAS
PAELLAS

 

文:MeMeOn Music / 写真:浪漫的工作室