【MeMeOn インタビュー】May’n 台湾公演直前インタビュー 「みんなと私にとってのmainテーマに変わった」

人気歌手 May’n が今年も台湾公演を開催。演出前、ニューミニアルバム《YELL》とシングル《牙と翼》や生活での面白いエピソードなどについてインタビューさせていただいた。

中文版

 

ーtwitterを拝見いたしました。昨日は滷肉飯やマンゴかぎ氷など、いろいろ食べました。何回も台湾にいらっしゃったことがあり、何か台湾にきると必ず食べなければならないグルメがありますか。

 湯圓です。でも、今回は夏だから食べれないと思っていですけど、レストランにたまたまあって食べれました。だからすごく嬉しかったです。

 

ーMay’nさんは自分でも台湾料理を作ってますが、最近新しい料理は勉強しましたか。例えば八角とかの台湾料理の要素を日本料理に取り込むとかの試しはありますか?

 家で八角を使ったことはないです、八角が効いてる中華料理がすごく好きなので、だから日本の中華料理よりも、台湾にきたほうがおいしいなって思ってます。前、空心菜の炒めを真似して作ってみたんですけど、ぜんぜんおいしくできなくて、難しいなって思って、日々研究してます。

 

ーちなみに、最近日本でタピオカブームがすごいですが、May’nさんもそのブームに乗ってましたか? 

日本でもけっこう行ってます。春水堂もともとすごい好きなんですけど、最近だとchatimeとか、50嵐とかも好きですね。

 

ー味は台湾と一緒だと思いますか。

もともとこのブームになる前から、一応日本にもタピオカってあったです、それが台湾の味と違って、台湾のほうがおいしいと思ってたんですけど、最近は台湾のお店がたくさん日本にきたので、台湾のおいしさが日本で楽しめるなんて、すごく感動してます。

 

ーよかったですね。7月にミニアルバム《YELL》とシングル《牙と翼》が同時に発売される予定がありますが、この二つ作のご紹介を御願いしてもよろしいでしょうか。

シングル、<牙と翼>という曲は7月から始まるTVアニメ「胡蝶綺 ~若き信長~」エンディングになっています。これからのライブでも是非みんなに聞いてもらいたいなって思っていますし同時発売のミニアルバム「YELL」というのはずっと前から次はミニアルバムで今私が作りたい音楽や考えていることをみんなに届けたいなって思っていて10年間May’nっていう名前で活動してきたです、10年前May’nとして一番最初に発売したものもミニアルバムだった。なので、10年の私の音楽人生の軌跡をこのミニアルバムでみんなに聞いてもらえるんじゃないかなというところから今回2つの作品を出させてもらいました。

 

 

ーLiSA、ファンキー加藤、Sonar Pocket、鷺巣詩郎、大塚愛、田中秀和(MONACA)といった豪華な作家陣を迎え制作されましたが、コラボレーションする方たちはどうやって選びましたか。 

まずLiSAちゃんは私の10年の中で出会えた、プライベートもすごく仲がよい、すごく大切なお友達なので、、リード曲、今回のミニアルバムで一番大切な曲はぜひLiSAちゃんと一緒に作りたいと思いました。LiSAちゃんが作詞をして、私が作曲をしています。その他にも今回はたくさんの豪華な方々に制作参加頂きました。これからもっともっと色々な音楽をやっていきたいいう時に、エールを送ってもらえるような、そんな新しい出会いも欲しいないうところから、いままでご一緒したのないアーティストの皆さんとご一緒させてもらいました。

 

 ー最初から「YELL」というタイトルを決めてから作曲しましたか?

そうですね、一番最初から応援歌っていうテーマを今回のアルバム全部作ろうっていうところから始めています。

  

ーコラボレーションするアーティストさんたちにもこのコンセプトを先に伝えておきますか?

そうですね。皆さんに、みんなの背中を押してあげれような曲を歌いたいっていう話をさせていただきました

 

ージャケットのほうは江端里沙さんに御願いしました。江端里沙さんってマクロス Frontierのキャラクターデザインなんですが、この部分も最初に江端里沙さんに依頼したいと決めましたか。

そうですね。May’nになってから10年を振りかえた時に、アニメとの出会いや、もちろんマクロス Frontierとの出会いはすごく大きなものなので、やっぱりそれもMay’nの10年の軌跡にいれたいなと思った時に、江端さんの描く絵がすごく私が好きだったので、御願いさせてもらいました。

 

ー完成した絵を見た瞬間のご感想を御願いしてもよろしいでしょうか。

すごい素敵に描いてくださって、もともと私があの同じポーズを撮って、江端さんに写真をりさせていただいて、コレを絵にしていただけないかとおさせていただいたんです自分っぽいっていうのもありますし、だけどなんかどこかしらちょっとシェリルっぽさも感じるっていうか、私のアーティストロゴがあるんですけど、そのマークのホログラムっぽさがちょっとシェリルっぽかったりとか、あとなぜか顔もなんとなく私とシェリルちょっと混ざった感じもあるのかなって。それはシェリルってずっとずっともちろん今でも私の体にずっといるので、だからそれを感じとってくださってる江端さんだからこそあの絵になってるのかなと思いました。

 

ーこれからの10年の目標は何でしょうか。

みんなにとってのmainテーマを歌いたいっていういから、私はMay’nいう名前で活動をしてきて、でもそれをMay’nとして10年音楽を歌わせていただいて、いままたそのmainテーマとして、応援歌をみんなに届けたいって思いました。今回ミニアルバムを10年振りに出させていただくのです、あの頃と違うのは、10年前と違うのはみんなにとってのmainテーマではなくて、みんなと私にとってのmainテーマという言葉に変わったなってすごく思います。なのでみんなに楽しんでもらいたいし、私も思い切り、自分の音楽を通して楽しいなって思う、そんな音楽活動をこれからも変わらず続けて行きたいなって思っております。そのために、新しい出会いとか、新しいチャレンジっていうものにどんどん挑戦し続けていきたいなって思ってます。

  

ー今回のライブで中国語の歌は用意してますか。 

はい。<HOME>という曲なんですけど、これは全部中国語の歌で、「いつもありがとう」とか「あなたがいるから私が頑張れるんだ」っていう、私が皆さんに感じていを中国語で歌えるっていうのはすごく嬉しいなと思ってます。

 

ーすごいですね。発音は難しくないですか? 

最初は難しかったです、でも日々勉強してます。

  

ー最近、どんな音楽を聴いていますか。おすすめのはありますか。

最近はQUEENです。ブームに乗ったり(笑)。もちろん知ってるアーティストですけど、映画を見てより感動して。もともとAdam Lambertというアーティストがすごく好きで、いまはQUEENと一緒に活動してるので、より好きになって、今聞いてます。

 

ーライブは行きましたか?

ライブは行ってないけど、もうすぐ日本にくるので、行きたいなと思ってます。

 

ーツアーで日本各地回ってきましたが、台湾のファンにおすすめられる場所やグルメがありましたら、ぜひ教えて下さい。 

先週ツアーで行ったです、沖縄でBBQしました。そのBBQがすごく楽しくて、海も見えるし、BBQ山の上で、すごく景色のいいBBQ場みたいなレストランがあって、おいしいし、眺めもきれいだし、すごく楽しかったです。

 

ーもうすぐ日本のオリンピックがきますが、オリンピックに興味はありますか。 

はい、水泳が興味あります。もともと0歳から水泳習ってて、大会とかにもデビュー前いっぱい出てたくらい、水泳がめちゃくちゃ得意というか、好きでだから、オリンピックもより水泳にはいつも注目してみてます。

 

ー普段でも水泳で体を作ってますか。

そうですね。運動することが好きなので、キックボクシングとか、ヨガとか、プールもよく行きます。

 

ー最近生活で面白いエピソードがありましたら、ぜひ教えて下さい。

去年野良猫いまして、それで今家に猫がいるんですけど、その子といつもお話してます。けっこう頭がよくて、やっぱご飯が欲しい時には絶対冷蔵庫の前にきて「ご飯ちょうだい」っていう目をしてきたりとか、クロゼットを探検するのはすごく好きです。私がクロゼットの近く行くと、「クロゼット開けて」って、手でドアを当てるしぐさをして、どうやったらこのドア開くのかって言うのを日々考えているみたいで。高いところから飛び降りてきたりとか、いろんなクッションを使って台にして、開けようとしたりとか、どんどん頭がよくなって、うちの猫は天才だって、日々成長を見守ってます(笑)。

 

ーかわいいですね!グッズのデザインはこの猫ちゃんを入れますか。

 自分で書く時はけっこう猫の顔いれたりとか、もともと猫って言うわけではなかったです、その猫に出会ってから、猫グッズとかも買うようになりました。

  

ー最後にMeMeOn Musicのファンにメッセージを御願いします。

台湾は本当に特別な場所でこうやって毎年くることができてるっていうのもなかなかないことなので、みんなにいつも応援してもらってるからこそだなと思ってすごく感謝してます。また来年、再来年もずっとこうやってたくさん台湾にライブで来るように頑張っていきたいなと思ってますので、これからもよろしくお願いします。

 

May'n
May’n

 

【MeMeOn インタビュー】May’n 台湾公演直前インタビュー 「みんなと私にとってのmainテーマに変わった」

 


 

May’n 2019秋 ホールツアー 開催決定! 

May’n Hall Tour「Chord G/D」

10月22日(火・祝)神奈川:神奈川県民ホール大ホール(開場 17:15/開演 18:00)

10月27日(日)大阪:大阪国際交流センター大ホール(開場 17:00/開演 17:30)

11月3日(日)愛知:日本特殊陶業市民会館ビレッジホール(開場 17:00/開演 17:30)

 

© MeMeOn Music 迷迷音。版權所有。未經授權請勿轉載。

加入迷迷音粉絲團最新資訊不漏接  https://www.facebook.com/memeonmusic/

文:MeMeOn Music / 写真 MeMeOn Music