【MeMeOn レポート】A9 クリスマスイヴ オーケストラ ライブ 「15週年伝説を作りたい」と宣言

A9が2018年12月24日クリスマスイヴには東京・ステラボールにてオーケストラアレンジで楽曲を披露するライブ「ALICEMAS 2018~A9 with ORCHESTRA」を行った。

今回の会場はオーケストラらしいコンセプトで赤いカーテンにクラシックのBGMで今夜を待っていた。

オーケストラは先に着席し、音の確認ができたら、「Here we go now!」低い声でリピートしながら、<PLANET NINE>を会場内に流され、拍手の中で現れたのはスーツ姿のメンバー達だった。「全員立てよ!よく見ててくれよ~メリークリスマス!」将の挨拶の直後、ドラムの叩きから、クリスマスイブ限りのライブが始めた。

先頭の曲は<I.>だった。舞台は青い光で優しく囲まれ、ヘドバンの代わりにファン達は手を振った。次はヴァイオリンの音で<SHADOW PLAY>の悲しみさを一層増した。

チェロで緊張感を作り、「ちょっと頭振ってもいいかい?行ってみようか!」将の掛け声で<the Arc>がスタートした。厚みのある歌声を皆の心に染み込んでいた。曲後、ファンは咲きながら、メンバーの名前を叫んだ。

「よっ!品川!楽しんでくれてるのか?この夜はオーケストラの皆さんと総勢19人のA9です。」将の言葉に客席から盛大の拍手。「2018年いろんな事がありました。楽しいことも、大変なこともたくさんありました。今日は締めくくりのライブです!こういう日だからこそデートも気合いを入れるでしょう!素敵なレストランを予約して、そこではすごい演奏が聞けたりして、そういう気合いをいれたりするような男がいるか?おい」いきなりの質問はファンに笑わせた。「いるよね!今日は僕たちにとって、そういう日なんです。そういう思いを込めて、A9の曲をこの19人で一曲一曲大切に演奏していきますので、今日はどうか楽しんでください。よろしくお願いします!」と今日の意気込みを語った将。

次の曲は初めてオーケストラとレコーディングした< the beautiful name>。煙が舞台に籠って、初生演奏で皆手拍子したり、ジャンプしたりして、楽しんでた。

自分の気持ちを整え、前に進められるような気持ちを感じた<すべてへ>、青い煙の中で将とヒロトはお互い顔を合わせて演出した。最後にドラムの叩きで締めた。

「めちゃめちゃ気持ちいいね。思う存分楽しんでますか?本当に上がっちゃうテンションを抑えるのはもう精一杯なんですけどね。」と将の話。今晩のセトリを厳選してくれた沙我が「本当に昨日と全く違う方向性で、皆も白い服を着てくださって」と話ながら、また昨日のオーケストラの話の続きが始めた。「初めて練習でお会いした時、僕達と関わっていいのかなぁって、申し訳ない気持ち」と将が話したら、「僕達と同じ空気を吸うだけでキツ付けてしまうんじゃないかなぁとね」とメンバーから合意の声が出て、大爆笑。「失礼じゃないかなぁとずっと心配した。でもこの絡みはすごい一体感が感じてもらえると思いますけど」と将がほっとした。

「いつもお客様の顔を見て元気をいただいてるんですけど、今一人の世界へ入ってるような感じをして」と結膜炎になった虎の話に「ダメだよ!こちらに来て!」と将が慰めた。

「今日は鼻血出ないですか?」と沙我の質問に「今日はA9オーケストラの皆さんに帰られちゃうかなぁと思って、今日はちょっとまともなふりをしてる。鼻血なんて出たら、やってらんねぇから。」と将が話した。

「本当に俺達らしく、九組らしく、思い切り楽しむことはオーケストラの皆さんもすごく手伝ってくださっているんで、今日も楽しんでいてください!」と将の話が終わって、<虹彩>と<無限の花>を続いて歌った。

鐘が鳴って、ホワイトライトがゆっくりと会場内で散らし、ヴァイオリンから始まっ<ASYLUM>。美しいメロディーに「この世界は人に優しいとは到底言えない、これは遺言だ。」低い声で、ミステリーな雰囲気に一変。煙に籠ったステージで将と沙我は横に立て、顔を合わせて、二人で歌った。

オーケストラの皆さんが一旦退場した。「品のいい皆さんがご退場してしまったんで、ヒロトさん、ここからはやり放題です。」、将が話したら、「ここからは不良の時間ですか?」とヒロトが自分で解釈した。ヒロトが「空気って人で作った物でさ、昨日の空気ひどかったじゃない」と結論して、皆が笑った。

今年はいろいろやってみたので、来年どんなチャレンジをするかを困っている将にヒロトから「次はNaoさんがバンジーで登場するか?」とアドバイスした。呼ばれたNaoは「何でそんな危ないことを俺にやらせる?」と反発し、自らジェットコースターで登場する提案をし、メンバーが真剣に費用とかの話を始まった。それで、メンバーはお互いこのライブのためにこっそり仕込んでた、ヒロトのマイクスタンドや沙我の髪型などをぶっちゃけた。

「ここまでは綺麗に白く染まってますけど、ここからは昨日の成分をちょっと出していこうかなぁと思います。皆さん、準備はいいですか?その調子で、皆さんをまたお呼びしたいと思います。じゃ、A9オーケストラの皆さん、もう一度お願いいたします!」と将の話に「A9オーケストラって名前を付いてたんですね。」と沙我のツッコミ。「勝手にそうなった!」と将の発言で皆に笑わせた。

「昨日を思い出してくれ!次の曲は思い切り味わってほしいですよ!やれますか?かかってこい!」将の煽りで<闇ニ散ル桜 >がスタート。(昨日のレポートはこちらへ)オーケストラとのコラボで、曲が更に深く聞こえた。「もっと声を聞かせてくれ!」客席から叫びながら、激しいヘドバンに折り畳みとジャンプ。次にやって来たのは<九龍>、将はヒロトと向き合って演奏し、ヒロトとキスした。カウントダウンの後、皆全力でジャンプしたり、逆ダイしたりして、危うい感じをした。

海のように広い世界を感じられた<Entr’acte>で新しいページを開いた。<GEMINI-0>に<GEMINI-1>、<GEMINI-2>が続いて演奏され、皆をどんどん広がっていく世界へ連れて行った。最後に、オーケストラから始まった<birth in the death>で本編を終えた。

アンコールにヒロトは携帯で録画しながら出て来て、他のメンバーも次々と登場した。「アンコールどうもありがとう!いかがでしたか?最高?良かったね!だいぶ無茶しましたね。」と将の話。「聞こえてました?オーケストラの音をちゃんと?」と沙我の心配は客席の拍手でほっとした。次は新アルバムの話が始まった。「A9を絞って、全部入り込んであるベストアルバムが出ますんで。どんどんお友達におすすめるような」と将の紹介。それから外でもライブをやりたいとの話で、ヒロトが「十年目までは台風も避けててはずなんですよ。でも、十週年に土砂降りの中でやりました。機械も壊れた。」と話をして、当時虹もかかってたそうです。それでリベンジとして「15週年伝説を作りたいです。」と将の意気込みにメンバーが虹をたくさん作るとアドバイスしたら、「そうですね。とりあえず、帰ったらグーグルで虹、機械で検索する。」将の話で大爆笑。

それからヒロトがいきなりオーケストラのある方との繋がりを語り始めた。意外とToshIのサポートで繋がってきた話で「それでは、聞いてください。ヒロトさんでendless rain」と将の提案で会場内ワイワイしてた。

それからNaoにイケメンとメンバー達が褒めてあげたら、Naoが「あれ?この話話聞いたら、カレーが食べたくなったなぁ~」といきなり昨日のカレー話に引っ張ってきた。「出てきたか。っていうか、今日も出てきたということは売れてないということでしょう」と将のツッコミ。オーケストラがいるにもかかわらず、メンバー達が試食し始めた。カレーが食べられない虎にNaoは人差し指を虎の唇に当て、無邪気な声で「カレーはお・あ・ず・け~」と言った。カレーの他に、ワインの話も進んできた。そして、虎が「ヒロトさんは今日のイブのライブで絶対にワインを出したいと言ってて、自腹でいいんで、作りましょうって」と裏話をしたら、ヒロトが「違うよ。残ったら俺が買い取ると言ってたから。」と訂正し、「残さないでくださいね」とお願いしたら、皆が笑っちゃった。それで、最低ロートなどのビジネスの話を真剣に考えたメンバーたちに「凄いリアルティのあるバンドだなぁ」と将のコメント。次に虎とアルコール飲めない人にヒロトがノーアルコールワインを作ると提案し、皆喜んでた。

グッズの話が終わったら、オーケストラの方々が一人一人紹介され、再び登場した。「この19人で、今日かけがえのない、二度とあるか分からないような素敵なライブを皆に見せてきてると思います。クリスマスイブに僕たちを選んでくださった皆様、本当にどうもありがとうございます!」、「じゃ、もう一回テンションを上げてみようか!やれるか?最高に熱い夜を見せてやろうぜ!」と将の話で、<UNDEAD PARTY>と<銀の月 黒い星>を続けてやり始めた。メンバーの役を換え、ヒロトがドラムを叩き始め、Naoが客席へダイブ。その後ヒロトは客席を一周回ってきて、全員楽しんでいた。また、オーケストラを加えたお陰で、テンションが更に上がった。

「大切な人と過ごしたい日だからこそ、12月24日、クリスマスイブに皆様と過ごせるのが本当に嬉しく思います。本当にありがとうございました。僕たちにとって、貴重の体験でした。それでは、この19人で奏でる最後の曲を皆さんにプレゼントして、幕を下ろしたいと思います。」将の話で、<銀の月 黒い星>が始めた。皆手振りをしながら、泡が粉雪のように会場に降ってきて、すごく綺麗だった。

「ありがとうございました!メリークリスマス!」拍手と叫び声を溢れた会場で、記念撮影し、クリスマスイブの最高な景色を記録され、幕を下ろした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中文版

文:MeMeOn Music / 寫眞:NEXTROAD