柔らかさとかすごく重視してます 水曜日のカンパネラインタビュー(2)

台湾で人気が集まってきた水曜日のカンパネラがつい10月13日、14日に台北と台中Legacyで単独公演開催しました。台北公演の前に、ボーカルのコムアイ(KOM_I)にインタビューさせていただきました。演出はよく常識を破るコムアイさんが普段話す時、すごく優しくて、率直であります。

中文版

みんなが知ってるものを人の心に柔らかく響く

ーちなみに、去年のSUPER SLIPPA7で顔を変えるアプリを使いました。今後なにか新しいテックナロジーをライブに運用しようと思いますか。

それも私一回諦めてて、実はVAもなくて、ビデオジョッキーもないですよ。照明だけにしたんです、一回。映像って硬く感じてしまって、いまは照明が当たって、しかもその照明当たってるのも壁じゃなくて、布にして、布ってこう動かせるじゃないですか?それに照明が当たうと、照明がこう形が変わりましたよね。それは映像の代わりだと思います。そんな感じで、一旦要素を減らして、好きなものがその範囲でできるようになってからと思ってるんですけど。でも、すごく興味があるですよね、VRも使いたいし。バイオリンが出てきたときに、みんな多分いまのVRみたいにすごいとんでもない、新しいもの、使いこなせないものとして、みんなトライしますけど、楽器としてみんな使える。テックナロジーも楽器みたいなものでいて、つまり、私がやればVRとかも硬くなくて、柔らかい表現ができるっていうことが多いと思いますそれがよね。いままで見たことがあるVRとかで、少し硬い感じがして、例えば人間がそれと一緒に動く時に、人間が決まった動きをしなきゃいけない、そうした時に、当時に感じたこととかも表現ができなくなっちゃうじゃないですね。そのステージの上とか、ライブの瞬間に思いついたことを反映させる式も絶対必要で、そんなことができたらいいなと思いますけど。まだできてないですね。

あれってなんかテックナロジーじゃないですよ、顔のやつは。みんなが知ってる安っぽいものをステージの上に使うっていのがiphoneの画面のまま。それ私がけっこう好きだった。特に誰かの顔になるとかっていうのじゃなくて、うんちのやつが一番好きで、すごいかわいいだな。テックナロジーが進化してきたから、おばあちゃんになったりとか、オバマになったりとか、リアルできるわけじゃないですか?なのに、ウンコしか意味がないじゃないですか(笑)それくらいが人の心に柔らかく響くっていうか、その辺は大事にしてるんですよね。

ーそれもパフォーマンスの中に重視してることですよね。

そうですね、柔らかさとかすごく重視してます。照明とかも全部手持ちで、逆光してるんですけど、超ノーテックノロジーですね(笑)人力で、物理的なものしかないし、使ってるのが空気だったり、空気を入れて、大きくなるとか、そういうものに気がして、あらかじめセッティングされた映像とか、ムービングがすごい主流で、LEDでこうやって上げたらズーって動くより、何秒から、何秒までの間にこういう風に動くのが決まって動くんですけど、本当は音楽はそういう気つなぎ動きじゃなくて、もっとまんまらだったり、 フラがあるものなんで、変だなと。なので、いまやってるのはすごく前例で、一回手でやってみようみたいな感じ。

好奇心強い

ー照明にすごく詳しいですね。

カンパネラやる前から、これは職業分じゃなくて、アーティスのステージとか、この人はどういうことをやるつもりかなとか、いまみんあこのタイミングで笑うんだ、何に笑ったんだろうか、その構造整体把握したかったり、あと「あ、なるほど!BUCK-TICKってこういう風か!」とかこういう風にするとこれができるなんだっていうのがすごく面白くて、いつもそればっかりみてます。それわからないと、やってくれる人に話せないし、好きだし。

ー好奇心は持ってますね。

好奇心はすごい持ってますね。

ー最近は<嬴政>というシングルをリリースをしましたが、その以外も<ピカソ>とかいろいろな有名人の名前を楽曲タイトルにして、歴史にも興味がありますか。

「嬴政」っていう名前、私が知らなくて、曲を作ってるケンモチさんが毎回すごいそのタイトルについて調べて、めちゃくちゃ詳しくようになります。番組作れるじゃないかと(笑)歴史には実はそんなに詳しくない。日本には実はレキシというバンドがいますよ。レキシがいるから、日本史はあんまりやり辛いなというところがあります。まんまんと被ちゃって、申し訳ないと。たまに被ちゃうし。

ー今回は台湾で体験したいことはありませんか。

あんまり時間がないですけど、ホテルの近くに市場があって、あそこ行ってみようかなと。前はマッサージ行ったり、檳榔も食べたりし……檳榔を持って帰りました。いろいろな人にあげて(笑)。照明チームはサーフィンしてみよう、何日がエクストラにいて、そのつもりみたいです。サーフボードいっぱい持ってきた(笑)汚い、おばあちゃんがそこで肉切ったりするところで滷肉飯食べたりとか、牡蠣のスープとか飲みたい。超美味しいですよね!ああいうのが一番楽しいなー!

文:MeMeOn Music

写真:MeMeOn Music

関連文章:柔らかさとかすごく重視してます 水曜日のカンパネラインタビュー(1)

你的拍手是我們的動力

還喜歡迷迷音的文章嗎?如果覺得迷編的文字為你記下了演唱會的感動、如果覺得看了訪問可以多了解一點喜歡偶像的創作想法和可愛小地方、如果覺得參戰教學文可以多少有點幫助,請幫忙按下面的拍手圖示,只要登入連結Google或是FB帳號,就可以【免費支持】迷迷音。

贊助一杯咖啡

網站的維持比想像中還要不容易,每篇採訪從搜集資料、聯繫、訪問、逐字稿、翻譯、拍攝、審稿,基本上都是迷編從頭到尾完成,主機、圖床、相機設備等等的支出也比想像中龐大,目前迷迷音收支離打平還有很大的距離,如果覺得迷迷音的文章多少對你有些幫助,還請幫忙按下面「Buy Me A Coffee」圖示、給予贊助讓迷迷音可以努力持續生存下去!

送我們一杯咖啡

其他人也迷

你可能也喜歡

最新消息

線上日文
線上學 日文
線上日文

迷迷動漫

迷迷影劇

日劇、電影、娛樂圈大小事
英文補習
網上學 英文
英文補習

迷迷專訪

迷編為你貼身訪問台灣與日本音樂人、聲優、第一手情報

迷迷好音推薦

吃貨迷編日記

FB粉絲團

在 Twitter 上追蹤迷迷音

在 Twitter 上追蹤我

加入迷迷音樂社群

訂閱迷迷音電子信

適用電子郵件訂閱網站

輸入你的電子郵件地址訂閱網站的新文章,使用電子郵件接收新通知。