福岡出身のバンド yonawo 台湾公演後特別インタビュー バンド名の由来は…?!

荒谷翔大(Vo)、田中慧(Ba)、斉藤雄哉(Gt)、野元喬文(Dr)による福岡出身のバンド yonawo 、2019年11月15日にワーナーミュージック・ジャパン内のレーベルAtlantic Japanよりメジャーデビューシングル〈ミルクチョコ〉を配信リリースする。同年12月15日にはyonawo初の海外公演として、NABOWAとのツーマンライブ「NABOWAとyonawo」が台湾で開催された。演出後、インタビューさせていただいた。

中文版

ーまず、昨日の初海外ライブについてご感想を御願いします。

荒谷翔大:楽しかった!緊張しましたけどね。

斉藤雄哉:お客さんは暖かくて。

荒谷翔大:日本語もちょっとわかるね。海外の感じはなかったと思います。

ー昨日演奏した<矜羯羅がる>では Nirvana の〈Smells Like Teen Spirit〉、そしてWill Smithの〈Just the Two of Us〉を取り入れました。なぜこの2曲を選びましたか。

斉藤雄哉:コード進行一緒で、好きな曲だから。

ーyonawoさんにとって、一番影響されるアーティストさんやバンドさんがいますか。

荒谷翔大:The Beatlesとか、UKロックとかはみんな共通して、好きです。

ーボーカルの荒谷翔大さんはワーキングホリデーでカナダに行ったことがあります。カナダに住んでいた経験によって、音楽に影響はありますか。

荒谷翔大:影響っていうか、英語が少し上達できたから、歌詞では少し英詞を入れようになったことがあります。

ー日本語と英語両方を歌詞に入れて、一番チャレンジしたところがありますでしょうか。

荒谷翔大:英語が母語じゃないから、日本語で考えて、英詞に直すから、英詞に訳すだけじゃなくて、それをメロディーに載せる感じ、響きとか、そこは一番考えたところです。

ーメジャーデビュー曲〈 ミルクチョコ 〉が配信されました。野元さんがジャケットイラストを手掛けましたが、最初はどんな発想でこういう絵になるんですか。

荒谷翔大:一緒に考えました。

野元喬文:一緒に考えて、女性の顔を描いてて、女性の顔から、内面的な部分を草として、自然なもので表現しました。直感!

ー直感って言っても、参考するサンプルはありますか。

野元喬文:ないですね。でもジブリが好きです。

ー素敵なジャケットなんですが、昔イラスト関係の勉強されたんですか。

野元喬文:趣味だけ。

ーすごいですね!さっきもずっと描いてたんですが、普段描きのが好きですか。

荒谷翔大:ドラムより!スティックじゃなくて、ペン!

ー好きなアニメや漫画がありますか。

全員:ジブリが大好き!

荒谷翔大:「千と千尋の神隠し」が一番好き!「風立ちぬ」も好き!

野元喬文:アキラとか、 新海誠 が好き。

NABOWA とのツーマンライブということで、NABOWAに対するイメージはどうですか。

荒谷翔大:とにかくうまいし、台湾でいっぱいされているし、海外公演も結構やられてるから、尊敬してるし、いいお兄さんの感じ。

ー去年 ゲスの極み乙女。 の川谷絵音さんのInstagramでも取り上げられました。気づいた時のご感想を教えてください。

荒谷翔大:結構初めじゃなかった?!

田中慧:喫茶店で紅茶を飲みながら、「へぇ?!!」って、びっくりしました!親に電話して、「来年忙しくなりそう!」って。(大笑)

荒谷翔大:川谷さん結構有名だから、みんな知ってるイメージで、すごいって。単純にびっくりしました。

ー今年やっぱり忙しくなって、11月15日ににワーナーミュージック・ジャパンよりメジャーデビューしまして、おめでとうございます!

全員:ありがとうございました。

ーデビューして、インディーズ時代と一番変わったことってなんでしょうか。

斉藤雄哉:スタッフの数!単純にイベントの大きさも、イベントの数も増えたし、場所も日本各地。前は福岡がメイン。

ーこれからの展望をお願いします。

荒谷翔大:まず、演奏力をあげる。

斉藤雄哉:あと、制作に専念する。

荒谷翔大:前までバイトしてたんですけど、来年から音楽だけにするから、今月までバイトするから、だからそれが終わって、そこから音楽一本!そして、海外進出の為に、やっぱ英語が結構使う機会あったし、メンバー全員が英語喋るようになった方がいいと思って、英語力もあげらなきゃいけないです。

ー英語力を高める為に、具体的な方法は特にありますか。

荒谷翔大:メンバー内で英語で話せたり、なかなか…でもそれができたらな。友達もネイティブの人がいるから、英語で喋るとか。

ーもしyonawoさんの音楽を料理に例えると、どんな料理でしょうか。

荒谷翔大:面白いですね。よく行くカフェがあって、そこのマスターに言われたんですけど、お味噌汁って、俺も「はっ?お味噌汁か?!」って思って、ちょっと考えたら、毎日食べるんですよ。結構毎食食いても全然飽きないし、いつもご飯とお菜があって、味噌汁と揃ってみたいな、そんな風に自然とその和に入れるっていう意味では、音楽としてはそういう風に言うのがあるかな。

ーyonawoというバンド名の由来を教えてください。

斉藤雄哉:俺の幼みの苗字、「よなを」そのままです。みんな友達なんですよ。

荒谷翔大:最初(私と斉藤雄哉)2人とよなを3人で楽器やってて、彼が練習しなくて、でも友達だから普通に。彼の名前面白いし、名前とは思わないじゃないですか。

ー最初よなをというお友達さんが自分の名前がバンド名に使われたことがわかった時、どう反応されるんでしょうか。

斉藤雄哉:言ってなくてずっとyonawoというバンドで活動して、俺らがCD作った時にyonawoと書いたら、そいつは「へえ?!yonawoなんだ?!」みたいな(笑)。

ー福岡出身ということで、台湾のファンにオススメのスポットやグルメとかはありますか。

荒谷翔大: 「とどろき酒店」 、日本酒とワインのお店。

ー最近のマイブームってなんでしょうか。

斉藤雄哉:サウナ。

荒谷翔大:でも個人個人で行って、感想を教えてくれて(笑)

ー台湾のファンにオススメのはありますか。

荒谷翔大: 「万葉の湯」 !博多駅にあります。

田中慧:東京の方がいいよ!

荒谷翔大:あ、福岡の話じゃない?!

ー福岡じゃなくでもいいですが。

荒谷翔大:じゃ、どうぞ!

田中慧:じゃ、 「北欧」 に変えてください!東京の上野駅に近い!

ー北欧、みなさん通ってたんですか。

荒谷翔大:(田中に)教えてもらって行きました。最高です!

ー日本で、もう使ってない銭湯とかで行われる音楽祭もあるんじゃないですか。このような特別な場所でライブしてみたいですか。

田中慧:やりたいです!銭湯で。京都にもそんな音楽祭があって、多分それは今も営業してるね。

斉藤雄哉:銭湯でもエレクトロ系やハイテックのイベントあるでしょう。

ーあるみたいね。それも参加してみたいですか?

荒谷翔大:いいえ、それは大丈夫です。(笑)

ープライベートでフェスに結構通ってますか。

荒谷翔大:行きますよ。福岡のやつが多くて、県外まで行ったり…

田中慧: SUMMER SONIC

荒谷翔大:SUMMER SONIC、(田中と)二人は一緒に行きました。大阪の。

田中慧:Liam Gallagher、SUMMER SONICで大阪に来てて、自分ら大好きなアーティストで、すごく感動しました。

ー今回は初台湾で、実際に来たら、台湾に対する印象は変わりますか。

荒谷翔大:最初は屋台のイメージが強かったけど、建物とかもめちゃ素敵だなと。みんなも大好きで…

斉藤雄哉:街の雰囲気が好き!

田中慧:写真ずっと撮ってます。

荒谷翔大:日本に似てるけど、ちゃんと海外で、台湾の感じしてる。

野元喬文:異世界の感じ。

ー台湾の音楽シーンとか、気になるアーティストはいますか。

斉藤雄哉: Sunset rollercoaster 。めちゃ聞いてます。

荒谷翔大:ドライブとか。YouTubeでもライブ見れた。面白くて、好みです。

ー最後、台湾のファンにメッセージをお願いします。

斉藤雄哉:また来ます!

荒谷翔大:今回初めて台湾に来てて、優しくしてくれる人もいたから、また来たいなと思ったし、日本だけライブがやってたが、海外に来て、台湾の人が海を越えて聞いてくれているのがちゃんと実感としてきたから、本当に頑張って皆さん聞いてもらうようにしたいなと思いますので、応援してください!

yonawo
福岡出身のバンド yonawo 台湾公演後特別インタビュー バンド名の由来は...?!

文: MeMeOn Music / 写真:MeMeOn Music

著作權 © MeMeOn Music 迷迷音。版權所有。未經授權請勿轉載。

❤追蹤迷迷音twitter最新資訊不漏接

❤如果喜歡迷迷音的文章,請順手點點廣告,迷迷音感謝你


福岡新銳之聲 yonawo 迷迷特別訪問 團名由來竟然是…?!

來自福岡的 yonawo 由荒谷翔大(Vo)、斉藤雄哉(Gt)、田中慧(Ba)、野元喬文(Dr) 四人組成,於2019年12月15日與NABOWA攜手來台在THE WALL開唱。演出後,樂團也與媒體進行對談。

日本語バージョン

ー首先請先談談昨日首次在台演出的感想。

荒谷翔大:很開心!雖然很緊張。

斉藤雄哉:觀眾都很溫暖。

荒谷翔大:大家也都多少聽得懂一點日文呢。不太有身處國外的感覺。

ー昨天演奏的<矜羯羅がる>也融入了Nirvana 的〈Smells Like Teen Spirit〉、以及Will Smith的〈Just the Two of Us〉,可否告訴我們選這兩首的理由?

斉藤雄哉:因為和弦一樣,而且我們很喜歡這兩首曲子。

ー對yonawo而言,有沒有特別受到影響的藝人或是樂團?

荒谷翔大:像是The Beatles之類的,英搖我們都很喜歡。

ー主唱荒谷翔大之前曾去加拿大打工度假,想請問在加拿大旅居的經驗是否有對音樂創作造成影響呢?

荒谷翔大:說影響啊,大概是英文有變得好一點,歌詞也開始會加入一些英文。

ー歌詞同時融合英日文,覺得最大的挑戰為何?

荒谷翔大:因為英文不是母語,所以我都會先用日文來思考再改成英文,而且不是只有翻譯成英文,還要去思考配上旋律的韻律感,是思考最久的部分。

ー主流出道曲<ミルクチョコ>已經數位上架,這次的封面是由野元繪製的,想請問最初是怎麼想到要這樣畫的呢?。

荒谷翔大:是我們一起想的。

野元喬文:一起想的,想說要畫一個女性的臉,並且用草之類的自然生命來表現內心的部分。就是直覺!

ー雖然說是直覺,不過也想請問有參考的女性形象嗎?

野元喬文:沒有呢。但我很喜歡吉卜力。

ー封面十分漂亮,想請問之前是否曾學過插畫呢?

野元喬文:只是興趣而已。

ー真厲害呢!剛才休息時似乎也一直在旁邊畫畫,是平常就喜歡畫畫嗎?

荒谷翔大:比鼓還喜歡!他不是拿鼓棒,是拿畫筆!

ー有什麼喜歡的動漫嗎?

全員:超喜歡吉卜力

荒谷翔大:最喜歡《神隱少女》!《風起》也很喜歡!

野元喬文:我喜歡《阿基拉》還有新海誠

ー這次與NABOWA來台共演,想請問對NABOWA有什麼樣的印象?

荒谷翔大:總之演奏超強,還有很常來台灣和其他國家演出,我們很尊敬他,就像是很棒的哥哥那樣的感覺。

ー去年 ゲスの極み乙女。 ( 極品下流少女。 )的主唱川谷繪音曾在Instagram上推薦過yonawo的音樂,當時看到有什麼想法?

荒谷翔大:那好像是第一次吧?!

田中慧:當時我在咖啡店一邊喝紅茶一邊滑手機,看到不禁大喊「欸?!!」,超驚訝!還打給我爸媽說「明年可能變得很忙!」。(大笑)

荒谷翔大:川谷先生很有名,大家都知道他,所以覺得可以被他推薦很厲害,就是單純覺得驚訝。

ー今年果然變得很忙碌了呢!11月15日自華納主流出道,恭喜!

全員:謝謝。

ー主流出道後覺得有什麼地方跟獨立時期不一樣呢?

斉藤雄哉:工作人員的人數!還有出演活動的規模以及數量都提升了,地點也是遍及日本各地,以前主要都是在福岡活動。

ー請告訴我們之後的抱負。

荒谷翔大:首先,提升演奏能力。

斉藤雄哉:還有,專注於製作上。

荒谷翔大:截至目前為止我都有在打工,不過明年開始會只專注於音樂,所以打工也只到這個月底就結束了,之後就完全以音樂維生!還有,為了到海外發展,英文也是會頻繁使用到的,所以覺得我們最好每個人都要會講英文,因此英文能力也得要提升才行。

ー為了提升英文能力,有什麼具體努力的方法嗎?

荒谷翔大:團員間會用英文互相對話之類的,雖然還是有點難…如果可以做到就好了。我也有外國朋友,會跟他們用英文聊天。

ー若是將yonawo的音樂用料理來比喻,會是什麼料理呢?

荒谷翔大:真有趣的問題。我有常常去的咖啡廳,那邊的店長說我們的音樂很像味噌湯,我一開始也想說「蛤?味噌湯?!」,不過仔細想想,味噌湯是每天都在喝的,就算餐餐喝也不會膩。一直都是飯和菜加上味噌湯這樣一組,像是這樣自然地融入「和」之中,有被說過我們音樂是這樣的風格。

ー「yonawo」這團名的由來為何?

斉藤雄哉:是我兒時玩伴的姓氏,就姓「よなを(yonawo)」,是我們大家的共同朋友。

荒谷翔大:最初是我們(荒谷翔大和斉藤雄哉)兩人和よなを(yonawo)三個一起玩樂器,但他都不練習,不過我們還是朋友。他的名字很有趣,很不像名字對吧。

ーよなを(yonawo)這位朋友當初知道你們用他的名字當團名時有什麼反應呢?

斉藤雄哉:其實我們一直都沒跟他說,就這樣一直進行樂團活動,直到我們CD做好時,上面寫了yonawo,他看了就說「欸?!叫做yonawo喔?!」之類的(笑)。

ー福岡出身的yonawo,有沒有推薦台灣樂迷的福岡景點或美食呢?

荒谷翔大:「とどろき酒店」,是專賣日本酒和紅酒的店。

ー最近團員間有什麼熱衷的事嗎?

斉藤雄哉:桑拿。

荒谷翔大:但是我們都是各自去,再互相交流感想(笑)

ー有沒有可以向台灣樂迷推薦的呢?

荒谷翔大:「万葉の湯」!在博多車站附近。

田中慧:推薦東京的比較好吧!

荒谷翔大:啊,現在不是要說福岡的喔?!

ー不是福岡也沒關係。

荒谷翔大:那麼,請說!

田中慧:那麼請改成「北欧」!在東京上野車站附近!

ー「北欧」這家店大家都去過嗎?

荒谷翔大:是他(田中)告訴我的。超棒!

ー日本有些音樂祭會在已經沒有使用的錢湯舉行。會想要在像這樣特別的地方演出看看嗎?

田中慧:想演!在錢湯。京都也有在錢湯的音樂祭,不過那裡的錢湯應該還有在使用。

斉藤雄哉:也有在錢湯辦那種電音和高科技的活動。

ー好像有。也會想參加那種的嗎?

荒谷翔大:不,那就沒特別想。(笑)

ー私底下也會去音樂祭嗎?

荒谷翔大:會,大部分都是福岡的,不過也會去縣外的音樂祭…

田中慧:像是SUMMER SONIC。

荒谷翔大:SUMMER SONIC、(和田中)我們兩個一起去的。大阪場。

田中慧:Liam Gallagher有來SUMMER SONIC大阪場,因為是我們很喜歡的音樂人,所以非常感動。

ー這次是第一次來台灣嗎?

全員:第一次。

ー實際來到台灣後對台灣的印象有什麼改變嗎?

荒谷翔大:一開始對台灣有路邊攤很多的印象,不過來到台灣後發現建築物的風格也很棒,大家都很喜歡…

斉藤雄哉:很喜歡街道的氣氛!

田中慧:一直大拍照。

荒谷翔大:雖然感覺和日本相似,但也確實讓人感受到是在國外、是在台灣的感覺。

野元喬文:像是異世界的感覺。

ー有沒有特別在意的台灣音樂人?

斉藤雄哉:落日飛車(Sunset rollercoaster)。很常聽。

荒谷翔大:開車兜風時會聽,也透過YouTube看過他們的演出。非常有趣,我很喜歡。

ー最後,請對台灣樂迷說一段話。

斉藤雄哉:我們會再來台灣!

荒谷翔大:這次是我們第一次來台灣,很多人都對我們很好,所以很想要再來;再加上雖然我們目前為止只在日本演出,然而來到台灣,讓我們實際感受到越過海的另一邊,真的有台灣樂迷也在聽我們的音樂,所以想要更加油讓大家聽到我們的音樂,請支持我們!

yonawo
福岡新銳之聲 yonawo 迷迷特別訪問 團名由來竟然是...?!

文:迷迷音 / 照片:迷迷音

著作權 © MeMeOn Music 迷迷音。版權所有。未經授權請勿轉載。

❤追蹤迷迷音twitter最新資訊不漏接

❤如果喜歡迷迷音的文章,請順手點點廣告,迷迷音感謝你



【迷迷歌單】 NABOWAとyonawoー yonawo

NABOWAとyonawo
2019.12.15
台北 THE WALL

1.しあわせ

2.ijo

3.26時

4.Mademoiselle

5.蒲公英

6.If I Ain’t Got You(Alicia Keys cover.)

7.矜羯羅がる

8.ミルクチョコ

yonawo
yonawo

攝影:浪漫的工作室

著作權 © MeMeOn Music 迷迷音。版權所有。未經授權請勿轉載。

❤追蹤迷迷音twitter最新資訊不漏接

❤如果喜歡迷迷音的文章,請順手點點廣告,迷迷音感謝你


【迷迷現場】福岡最受矚目新團 yonawo 首次海外演出獻台灣

來自福岡全員平均年齡只有 21 歲的 yonawo,於今年 11 月與華納簽約正式主流出道,並在 12 月 15 日和 NABOWA 一起來台在台北THE WALL演出。

yonawo由主唱荒谷翔大、貝斯田中慧、吉他斉藤雄哉以及鼓手野元喬文四位團員組成,一開場除送上〈しあわせ〉、川谷繪音(極品下流少女。/ indigo la End)曾推薦的〈ijo〉等曲目之外,也演唱了即將於12月20日發行的最新單曲〈Mademoiselle〉。

這場不僅是yonawo第一次的海外演出,也是團員們第一次到台灣,面對著陌生的環境讓他們頗為緊張。「大家好。」主唱荒谷翔大用中文向大家打招呼後,接著用流暢的英文自我介紹:「我們是yonawo,來自日本福岡。這是我們在台灣的第一次演出所以有點緊張……加油吧!請大家好好享受!」荒谷翔大靦腆地笑著。

他同時表示這是他們第一次來到台灣,但是還沒有機會好好嘗試台灣美食,所以希望大家可以推薦給他們;不過大概是太過緊張了,荒谷翔大中間時而會冒出幾句日文來,讓他神情略顯抱歉地看著台下,但台下完全不以此為意,溫暖地送上掌聲。

他們也翻唱了Alicia Keys的名曲〈If I Ain’t Got You〉,並在演唱原創曲目〈矜羯羅がる〉時,驚喜融入Nirvana 的〈Smells Like Teen Spirit〉以及威爾‧史密斯〈Just the Two of Us〉片段,尤其是原本搖滾〈Smells Like Teen Spirit〉改編成如此抒情浪漫的曲調、卻又如此自然舒服,讓人不由得眼睛為之一亮!

「這是我們第一次到海外演出,希望可以再次於台灣和大家相見!」樂團最後送上主流出道曲目〈ミルクチョコ〉,溫暖唱腔在聽者腦中迴盪。

yonawo
yonawo
【迷迷現場】福岡最受矚目新團 yonawo 首次海外演出獻台灣
【迷迷現場】福岡最受矚目新團 yonawo 首次海外演出獻台灣
【迷迷現場】福岡最受矚目新團 yonawo 首次海外演出獻台灣

文:迷迷音 / 攝影:浪漫的工作室

著作權 © MeMeOn Music 迷迷音。版權所有。未經授權請勿轉載。

❤追蹤迷迷音twitter最新資訊不漏接

❤如果喜歡迷迷音的文章,請順手點點廣告,迷迷音感謝你



[迷迷演唱會] NABOWA 和yonawo 攜手來台共演

NABOWA 和 yonawo 將於本周日(12月15日)來台在THE WALL開唱。福岡出身的yonawo由荒谷翔大(Vo)、斉藤雄哉(Gt)、田中慧(Ba)、野元喬文(Dr)所組成,2018 年自主製作兩張CD形式 EP 《ijo》、《SHRIMP》才發售、就完售。不僅在家鄉的音樂排行榜榜上有名,也獲選 Apple Music「本週最新推薦藝人」。在熱愛挖掘新音樂的尖耳樂迷們中留下了謎團般的話題。

以京都為主要活動據點的四人純演奏樂團NABOWA, 包含 2019 年 4 月發行的《DUSK》在內,一共已發行了六張專輯。時常受邀至國內外大型音樂祭演出,近年也舉辦了台灣三都市巡演、香港專場演出等演出活動,獲得不少亞洲樂迷的高度評價!

NABOWA 和yonawo
NABOWA 和yonawo

【演唱會情報】

NABOWAとyonawo

日期:2019.12.15 (日)

地點:The Wall Live House 

時間:開場 19:00 / 開演 20:00

票價:預售 800 / 現場 1000