現実の中にある、非現実的なもの ペンタゴン(Pentagon Japan)インタビュー

結成してからすごい勢いで成長してきたペンタゴンが今年ニューシングル《CRAZY TRIBE》を発行、その上、今年の6月にアメリカへ演出に行きます。ペンタゴン結成した前、千吊(Vo.)、拓(Gt.)、眠花(Ba.)、篤輝-atsuki-(Ba.)が「Call Me」として活動してました。3ヶ月後、「Call Me」が解散を発表する同時に、同じメンバーとゆとり(Gt.)5人で新結成したペンタゴンの始動も発表しました。

こんな特別な転折の後ろにはすごく完璧な世界観があります:眠花の余命が3ヶ月で、3ヶ月後「Call Me」解散の日に亡くなってしまいます。とはいうものの、解散当日にその3ヶ月間と眠花が亡くなっちゃう事が、眠花の代弁役であるうさぎの人形「ペンタゴン」の夢だったことが知りました。「ペンタゴン」が目覚めた時にこの5人が集まっていて、ペンタゴンが始まった日ということです。

中文版

Read more

現實世界中的非現實 ペンタゴン(Pentagon Japan)迷迷專訪

成團至今以驚人氣勢成長的ペンタゴン(Pentagon Japan),於今年發行了新單曲《CRAZY TRIBE》,甚至即將於今年六月前往美國演出。在組成ペンタゴン之前,主唱千吊、吉他手拓、貝斯手眠花以及鼓手篤輝-atsuki-便以「Call Me」的身份活動,三個月後「Call Me」解散的同時宣布,同成員將以「ペンタゴン」為名開啟新的樂團活動,並加入吉他手ゆとり成為五人編制。

如此特別的轉折背後卻是有著完整的世界觀:眠花的壽命僅剩三個月,三個月後便在「Call Me」解散當日離開人世。然而在解散那天,卻發現那三個月的事情以及眠花逝去的事情都是眠花代言者的兔子玩偶「ペンタゴン」的夢境。當兔子玩偶「ペンタゴン」甦醒之時,就是五位團員集合、樂團「ペンタゴン」開始活動之日。

日本語バージョン

Read more

【迷迷現場】視覺系音樂盛宴「Cure World Visual Festival」東京公演現場報導

知名視覺系雜誌cure自2003年創刊以來,邁入值得紀念的150期,因而於今年在新木場STUDIO COAST舉辦了第一次的視覺系音樂祭「Cure World Visual Festival」,多達31組目前極具人氣的日本海內外樂團,令バンギャ們興奮不已!迷編這次也躬逢其盛,特地到新木場參加這一值得紀念的視覺系盛宴! Read more

【迷迷歌單】Cure World Visual Festival部分setlist

Cure World Visual Festival
2016.4.30
新木場STUDIO COAST

アルルカン

1.墓穴
2.「私」と“理解”
3.人形-ヒトガタ-
4.ダメ人間
5.像

Neverland

1.666Hz
2.アグリマン
3.Merry go land
4.セカイのハジマリ

DIAURA

1.ENIGMA
2.赤い虚像
3.Beautiful Creature
4.MASTER

ザアザア

-朗読-
1.雨に殺される
2.死にたい
3.君の心臓を食べてしまいたい
4.感電、けがのおそれがあります。

DEZERT

1.包丁の正しい使い方~終息編~
2.「遺書。」
3.胃潰瘍とルソーの錯覚
4.大塚ヘッドロック
5.「殺意」

DaizyStripper

1.SUMMER VACATION
2.QUALTIER LATIN
3.ARREST
4.decade

Blu-Billion

1.S.O.S
2.Miss Mermaid
3.Aqua
4.Ready?

A9

1.闇二散ル桜
2.閃光
3.RAINBOWS
4.DEAD SCHOOL SCREAMING
5.TSUBASA.

Royz

1.JOKER
2.R.I.P
3.Emotions
4.THE BEGINNING

CLØWD

1.WAKE UP
2.Worry?
3.RUDENESS RESORT
4.キミトボクラ

MEJIBRAY

1.THE END
2.VICTIM(ism)
3.サバト
4.原罪の林檎
5.メサイア

己龍

1.彩
2.天照
3.鎮具破具
4.夢幻鳳影
5.空蝉

Synk;yet

1.[Re]:birth
2.midNight masquerade
3.タルペイアの崖
4.Messiah

コドモドラゴン

1.砉
2.64
3.絶望論。
4.HEMLOCK

ペンタゴン

1.少年ワルツ
2.MAKEINU
3.素晴らしい「教育」
4.人喰テディベア

BugLug

1.猿
2.KAIBUTSU
3.ギロチン
4.骨
5.BUKIMI
6.V.S

相關文章:視覺系音樂盛宴「Cure World Visual Festival」東京公演現場報導