絶望系アニソンシンガー ReoNa インタビュー  「《SAO》との出会いがなければ今のReoNaはいない!」

心の琴線に触れる歌声や歌詞はあるでしょうか。自分の気持ちがまさか歌われたような曲を聞いたことがあるでしょうか。もし《ソードアート・オンライン》という2012年からヒットしているアニメを知ってるなら、「絶望系アニソンシンガー」として知られる新星「 ReoNa 」も見逃せない!

2017年、ソニーミュージックジャパン主催のオーディション「SACRA MUSIC AUDITION 2017 SPRING ~VOCAL~」でファイナリストに選ばれ、所属アーティストになった。2018年4月より、TVアニメ《ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンラン》にて、劇中歌アーティスト「神崎エルザ」の歌唱を担当。繊細で力強い歌声が多くのアニメファンの注目を集めた。同年8月、シングル《SWEET HURT》でデビューし、その後も何度か《ソードアート・オンライン》シリーズの主題歌を担当し、好評を博している。《Pilgrim》、《ANIMA》などの曲も日本のオリコンチャートでトップを獲得した。絶望している人の代弁者として歌いたいとテレビ番組で言っていた彼が、今でも自分の歌声で人に感動させている。

今回、台湾のファンに向けて、デビュー2年目の感想や自分にとって《ソードアート・オンライン》の意味、そして台湾に対する印象を語ってもらった。 また、最近TVアニメ《七つの大罪》のEDも担当。 彼女がどんな魅力を持っているのか?今回のインタビューを通して、見つけ出しましょう。 もしかしたら、彼女の深い感情表現の中から、自分の心に響くメロディが見つけられるかもしれないでしょう。

中文版

Read more