Resistar Records PRESENTS ASIA TOUR台灣公演インタビュー:BugLug

亞洲音樂祭

3月20日に台灣で行なわれたResistar Records PRESENTS ASIA TOUR直後メールインタビュー。台灣に対するイメージ、作曲、ツアーの中に起こったエピソード、メンバーお互いに対する印象……いろいろな質問を届けます!

buglug

[BugLug]

2009年結成。2010年1月27日に初音源となるミニアルバム「SUPER NOVA」をリリースする。同年3月6日、一聖、一樹、優、燕の4人でBugLugとしての初ライブを行う。2011年11月26日、将海がメンバーに加わり、5人体制となる。

BugLug HP:http://www.buglug.jp/

 

1.日本の治外法権と違うところがありますか。例えばセットリストやセッションの選曲とか。

一聖(Vo.):だいぶ違います。CDを手に入れたくても手に入れにくい環境でもあると思うので。

一樹(G.):LIVEに来た人にしか伝えられない魅力を伝えられるように、LIVE映えする曲を中心に選びました。

優(G.):ライブの定番曲を選びました。

燕(Ba.):今回は定番曲を攻めました。

2.BugLugの世界観を一言で言ったらなんでしょうか。

一聖(Vo.):人間。

一樹(G.):未知。

優(G.):謎。

燕(Ba.):絶望と光。

将海(Dr.):がやがや。

3.BugLugの歌詞は現実に合う部分が多いです。聞くと「あ!これだ!これ!」って、強く感じられます。楽曲もすごく共感されて、心に響くこんな曲をどうやって作ってるのか、作曲作詞の思いつきはどこから得るのか、と聞かせていただきたいです。

一聖(Vo.):最近は思ってる事を言葉にしたのちに、その言葉から頭の中に広がる音を具現化していってます。

一樹(G.):ドライブしてるときなど。思いついたらすぐiPhoneに録音!

優(G.):曲を作るときは、まず曲だけでイメージが膨らむ事を、意識しています。

燕(Ba.):日常的なふとしたもの。

4.作曲などの行き詰まった時の対処法を教えていただけませんか。

一聖(Vo.):しぶとく、しつこく取り組むだけです。

一樹(G.):ドライブor好きなアーティストのLIVE映像を観る

優(G.):飲酒、喫煙。

燕(Ba.):メンバーを信頼している。

5.BugLugの曲は主に一聖を中心にして、皆さんが味付けをしていくという流れだったと思うんです。しかし、各パートにメンバーそれぞれ鮮明な個性を出てこられると共に、バランスを取れています。メンバー同士で、どのようにアレンジしているのですか。

一聖(Vo.):スタジオに全員で入って制作するからではないかなと思います。

一樹(G.):曲が求めるものを各々が音にして表現する。

優(G.):まずは曲の方向性を統一させる事が大事。あとは阿吽の呼吸。

燕(Ba.):メンバーを信頼している。

将海(Dr.):ドラムに関しては任せてかもらってます。

6.演出のために体力的なトレーニングとかがありますか。

一聖(Vo.):したことないです。

一樹(G.):たまにランニング程度。

優(G.):特にはしていません。

燕(Ba.):少しのジョギングと少しの筋トレ。

将海(Dr.):ホットヨガ。

7.普段どんな生活しているか教えてお願いいたします。

一聖(Vo.):モグラみたいな感じです。普段陽は浴びたくないです。

一樹(G.):割と普通のサラリーマンとかと同じような生活だったりします笑 何気ない幸せな日常を大切にしています。

優(G.):ニートの様な生活。

燕(Ba.):並の生活。

将海(Dr.):プロテインを飲みがちです。

8.レコーディングの必須品はなんでしょうか。

一聖(Vo.):ポカリスエットです。

一樹(G.):レコーディングをしないメンバー。

優(G.):毎回同じラーメンを食べる。

燕(Ba.):ベース。

将海(Dr.):マスクとのど飴。

9.レコーディングや作曲、アレンジはお好みの時間帯がありますか。

一聖(Vo.):深夜。

一樹(G.):14時からSTART。

優(G.):朝9時から18時。定時。

燕(Ba.):いつでも。

将海(Dr.):夜中。

10.よくどんなジャンルの曲聞いてますか。

一聖(Vo.):手広く聞きます。

一樹(G.):Rock、pops。

優(G.):街の音。

燕(Ba.):オールジャンル。

将海(Dr.):メタル。

11.ツアー回ってる時絶対持って行くものを教えてお願いいたします。

一聖(Vo.):ゲーム機。

一樹(G.):イヤホンとスピーカー

優(G.):パソコン。

燕(Ba.):スキンケア用品。

将海(Dr.):充電器。

12.バンド週年記念やクリスマスの時、メンバーお互いプレゼント交換するなら、何をしますか。

一聖(Vo.):酒とつまみ

一樹(G.):機材。

優(G.):金目の物。

燕(Ba.):喜びそーなもの。

将海(Dr.):サイン色紙をあげます。

13.今、メンバー内ではやっていることはありますか?

一聖(Vo.):ライブすることじゃないですかね。

一樹(G.):風邪。

優(G.):うーん、、ないです。

燕(Ba.):グルメ。

将海(Dr.):指相撲。

14.このメンバーで、バンドやらないと何かするとしたら?

一聖(Vo.):EXILEのオーディションを受けますね、全員で。

一樹(G.):営業なども向いていないので商売は無理かな。笑

優(G.):輸入代理店。

燕(Ba.):想像ができない。

将海(Dr.):セグウェイ。

15.”これだけ直してくれ!!”というメンバーのクセがありますか。

一聖(Vo.):クセほど治さなくていいものもないと思います。

一樹(G.):遅刻すること。

優(G.):特にないです。

燕(Ba.):そう感じたらプラスに考えてる。

将海(Dr.):たまに白目をむく。

16.MeMeOn Musicの読者に一言お願いいたします。

一聖(Vo.):こんにちわ。海を越えても自分がこの地をしっかり踏みしめていればバグラグはバグラグでいれるということを先日のライブで実感しました。また行きます、機会があれば日本にもいらっしゃいな。

一樹(G.):LIVEに来て下さい。待ってます!

優(G.):また行くのでその時はよろしく。

燕(Ba.):また行くので待っててくださいね^ ^

将海(Dr.):バグラグはほんとに冗談が好きなバンドです

インタビュー:MeMeOn Music

中文版

 

發表迴響

%d 位部落客按了讚: